いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

一人家事育児により、気力、体力、ともにどん底うつ状態からの復活。元気になったので、書き残しておこうと思います。<第二章>

流産から2か月経つ頃、更なる追い打ちが。

流産後も元気を装い、普通を装い、育児をしていたある日。7月の暑い日だったような。

冷蔵庫の前で倒れてしまいました。急に目の前が真っ暗に。

そして、意識が戻ってくると、こっちに向かって歩いてくる2歳10か月くらいの長男がぼんやり見えてきました。

その時にやっと、あ、私意識が無くなったんだと気づきました。

でも、手足が動かせず。

しばらくして、だんだん意識がはっきりしてくると、右の手足が痙攣していました。

痙攣もおさまって、元に戻るまで、おそらく1~2分の出来事だったように思います。

長男も泣いていなかったし、短かったと思います。

冷蔵庫の前にちょうど野菜を入れた段ボールを置いていて、その上にしりもちをついて壁にもたれかかっていたので、幸いけがもなく、

やはり、そのあとも何事もなかったかのように過ごしました。

親と、旦那には怖くて電話したかもしれないですが、

やはり、次の瞬間から何事もなかったかのように。

 

しばらくして、念のため病院に行きました。

脳梗塞などないか検査をして、脳波も調べて、異常はなく、「人の体だから、そういうこともあるんだよ」と先生のお言葉でした。たまに間違えて脳に酸素なのか血なのか行かなくなって意識が無くなることもあるそうです。一過性虚血とかいうのかな?

私は元々貧血だし、ふらふら~っとするのにも慣れているので、なんとなく理解して、もうあまり考えないことにしました。

 

「精神的な方も調べてみる?」みたいなことも言われましたが、それは断りました。

きっと自律神経失調症とかの病名がついておしまいだろうし。

元々血の巡りが悪いから、冷蔵庫のものを取ろうと腕を上げた瞬間に、血管とか圧迫されたのかなぁと自分で推測しました。

 

 

でも、本当に自律神経のバランスは崩れていたのだと思います。

そのまま、数か月して、婦人科の先生からも妊活OKが出ました。すると噂の通り、すぐに授かり、無事に次男を出産できました。

流産後は子宮内が綺麗になって、妊娠しやすくなるそうなのです。

 

次男を出産後、予想もできなかった二人目育児は、ランナーズハイのような状態で一年が過ぎようとしていました。

長男は幼稚園へ行きはじめ、長男の動きに合わせて、家でのんびり子育てとはいきませんでしたが、やはり下の子は育てやすいと言われるように、自分も「二人目産んでからのほうが育児も楽だし、子育てが楽しい」とまで言っていたような。

意外と家事育児をこなせている自分に、酔っていたのかな。。

 

でも、一年が経とうとする頃、一気にきました。

疲れ。

きっと色々あったころから溜まっていた疲れと精神的な何か。

幼稚園に行きはじめ、様々な風邪、細菌、ウイルスをことあるごとにもらってくる長男。そして次男の授乳。疲れと看病と寝不足で、私も低下免疫、次男の出産後はずっと風邪をひいているような状態。でも薬は飲めないし。

 

人混みとかは何か悪い風邪とかもらいそうで、体が拒否反応してしまい怖くて行けませんでした。幼稚園ですら怖かったですが、さすがに行かないといけないので、マスクをしていたことが多かったです。

 

その辺から、鬱々とした日々が2年くらい続くことになるのでした。

 

 

ある冬の日の家出散歩

誰かに育児を代わって欲しい、1時間でいいから。コーヒーを飲みに一人で行かせてほしい、1杯で帰るから。そんな簡単そうな願いが叶わない毎日になっていました。

 

そんな冬のある朝、願いを叶えるために一人家を出たのでした。主人が休みの早朝を狙って。

 

北海道の冬の冷たい空気が気持ちよくて、とても気持ちがよかったこと覚えています。

気持ちよくて1時間半くらい歩き続けました。そして、朝から開いているコーヒーショップへ入ってコーヒーを飲んで落ち着いたところで、家へ戻りました。

 

家には二人の甘えん坊の子供と、おむつを替えたことがないし、おっぱいも出ない夫を残して。いっぱいいっぱいだった私は、罪悪感も無く、すがすがしい気持ちでいっぱいでした。

 

夫はお仕事で忙しいのは重々承知で。頼らず来たけれど、やはり一番大変さをわかって欲しかったのは傍にいる夫で。育児は拒否の夫への強行策でした。

 

家に戻ると「おかえり~」と至って普通で何も聞いてきませんでした。なので、「ちょっと散歩してきた」と私も普通に言って。日常に戻ったように思います。

一度出来たので、家出散歩と称してその後も2回くらいやったかな?

そんなこともありました。

 <第三章へ続く→>

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

一人家事育児により、気力、体力、ともにどん底うつ状態からの復活。元気になったので、書き残しておこうと思います。<第一章>

私の自律神経はこういうことから崩れ始めていた気がします。

衝撃的な初期流産。

もう4年も前の出来事です。今は元気になってきたので、書き留めておこうと思います。

長男は無事に出産でき、1歳半頃から二人目を考えはじめ、なかなかできずに2歳半ごろで二人目妊娠したのですが、残念ながらその子は流産してしまいました。心拍が確認できたあとの初期流産でした。色々調べて、珍しくないことらしいし、くよくよしないようにしていました。

心拍が確認できた後、次の検診までの間喜び半分、悪い予感も半分ありでしたが、次の検診ではすでに心拍確認できなくなっていて、念のためもう一週間後に診てもらっても変わらず、初期流産で、掻把手術の日程が組まれました。

病院が混んでいて、日程がとれず少し間が空きましたが、適切な範囲で組まれていたとは思います。予定の日までは何とも言えない気持ちで過ごしていました。上の子がいたので少しは紛れましたが、まだお腹にいるのに悲しい気持ちでいっぱいで。

 

掻把手術の予定日まで待てずに。。

私の中ではおそらくその子は女の子。

その年のGWは寒くて、GWをはさんでの検診でそんなことになってしまったので、防寒が甘かったかな、、大事にできなかったのかなぁ。と考えたりもしました。

大部分が染色体異常によるものだそうですが、自分を責めたり悔んだり。

複雑な気持ちで予定日を待っていたのですが、あと数日でお別れのある夜、寝る準備で長男と布団をひいていた時のことです。

「パン!」と音がして、大量出血。

あの音は体内に響いただけなのかなぁ、周りにも聞こえる音の感覚でした。

予定日まで日にちが長かったので、万が一のためにナプキンはつけていました。

あふれるほどの大量出血。止まらない。

そしてトイレで私の目に飛び込んできたのは、ナプキンの上に残っていた我が子。でした。

小さくて、3センチくらいの白い。

目も鼻も、手も足もある。

衝撃的すぎて今でも鮮明に覚えています。

今でも思い出すと涙が出ます。

 

 

母は強し。子供は宝です。

血も止まらないし、長男の産後に産院からもらって残っていた大きいナプキンを思い出して、それでも足りない出血。

でも、当時2歳8か月の長男に、

「ママは赤ちゃんが出てきてしまったから、一緒に病院に来てくれる?」

と聞くと、もう寝る準備中だった長男は、

「うん、行こう」と。

二人とも冷静でした。2歳8か月の長男がとても心強くて。居てくれてよかったとすごく思いました。

そして病院とパパに連絡し、赤ちゃんを袋に入れて、長男とタクシーで病院へ行きました。

血があふれるので、ズボンの上から更にバスタオルで何重にも巻いて。

タクシーから降りると、もうフラフラで歩くのに必死でした。

 

掻き出されないで、最後にママに会うために出てきてくれたんだと。。

病院へ着くと、パパも到着していて、そのまま胎盤などの残りの妊娠物質を掻き出すために診察台へ。

旦那に長男をバトンタッチし一人でその痛みに耐えていると。本当に辛くて。

胎盤などを掻き出す作業は麻酔もしないし容赦がなく。

産む痛みは喜びにつながるけれど、流産後のそれは辛すぎました。

我を忘れて「なんで~やだ~痛い~痛い~」と叫んで泣いていました。出産のときでも叫ばなかったのに。

そのあとは落ち着いたら様々説明を受けて帰宅となりました。

その時に我が子もまた見せてもらいました。検体に出して異常がなかったか調べると、説明を受けました。

自宅で、亡くなっているとわかっていたけど、赤ちゃんが出てきたときは、ショックと悲しさの中にも、「可愛い~可愛い~」とトイレで泣き崩れたことも覚えています。

今考えると異常かな。でもそれがその時の感情でした。

きっと掻き出される前に、ママの前に会いに出てきてくれたんだね。と、

会えてよかったと今も思ってます。

 

 

それでも休まず前に進まないといけない母

そんなことがあっても、私の代わりはいないから、のんびりはできません。翌日からも長男とまたいつも通りの生活が始まりました。何事もなかったかのように。

あまり考えこまないように、外に出てひたすら長男と公園遊びしたなぁ。ひたすら。

私も私で、珍しくないことだし、こんなことでクヨクヨできない。

もっと大変な悲しい思いをしている人もいるし、笑顔で頑張らないと。

と言い聞かせて、毎日、何事もなかったかのように。

甘えたら弱い人間と思われそうで。

皆色々抱えているんだと思うと誰にも言えないし。

でも、女性って話すことで気持ちが浄化されていくらしい。

 

良くないニュースは他人に話す必要がないって思ってしまうんですよね。デリケートな話だし。みんなそうだから話すと初期流産の経験者ってたくさんいて、「私もあるよ~」って人たくさんいます。女性ってたくましい。もし自分にそういう体験を話してくれる人がいたら、親身になって聞いてあげます。

 

初期流産っていっても立派に妊娠していて、体にもかなりの変化があったり、負担がかかっていたり。元に戻るまでは何か月かかかるんです。産後と同じように、できる限り休養してほしいです。でもなかなか休養できない人も多い現実。私も含めて。

 

きっとこんなことから私の自律神経が乱れ始めたのかなぁと。今になって思います。

<第二章につづく→>

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

FITNESS PRO. AⅬINCO家庭用ランニングマシーンを使ってみました。

どっしりとしていて、安定感はあるけれど重いので動かすのは大変

実家に帰省中ですが、我が家は父のスポーツ好きが高じて、昔からトレーニングマシーンがたくさんあります。古いものから合わせたら何十個あるのだろう。。トレーニングジムが出来るね。と昔から言っていますが、冗談ではなく、帰省するたびに本格的なものからお手軽なものまで未だに増え続けています。全部は出せないので新しいものだけ家に出して、古いものは倉庫と化している蔵の中へしまってあるようです。

 

f:id:ichimamaday:20170813113015j:plain

ランニングマシーンは去年か一昨年に帰省した時にすでにあったのですが、今回初めて出してもらって使ってみました。実家に来ると運動量が減るのに、ついついいっぱい食べてしまって太ります。それに10月には札幌マラソンで10キロ走ることにしているので、練習のためにも。

f:id:ichimamaday:20170813113145j:plain

因みにこれは今回初めて見たNEWマシーン?ワンダーコアです。(こちらは試していません。)

今回試したランニングマシーンは、見た目も大きくて折りたたんで収納できるのですが、重くて二人がかりで移動させます。結構本格的で、走った感じも安定しています。音も静かです。

 

慎重派の父が選んだ様なので、重いこと以外は使いやすいし走りやすいマシーンだなぁと思います。母は軽いほうが良かったのにとブーブー言ったりしますが、確かに片づけることが多い母にはあまり配慮されていないかも。走ることに関しては問題ないと思います。

 

 

機能も必要なものは最低限ついています。

モードは3タイプ。

f:id:ichimamaday:20170813113610j:plain

速さを変えるのは右側のダイヤルをクルクル回すだけで簡単です。時間の設定、時速の設定、坂道の角度の設定、など必要なものは最低限揃っていると思います。

表示も見やすくて大きく、消費カロリー、時速、走った(歩いた)距離、残り時間、心拍数、などもわかりやすくて使いやすいです。

7歳の息子もシンプルに歩くだけですが、使いこなしていました。

 

所有者の両親はあまり頻繁には使用していないようですが、私が使った感じはそう簡単には故障もしなさそうだし、使いやすいと思いました。頻繁に出し入れして片づけたい方には重いところがネックとなりそうですが、出しっぱなしで良い方には安定感があり良いと思います。

 

三日間継続中です。

現在三日目。一日30分ずつ走っています。時速5、5キロで。

(このマシーンは走った距離が単純計算ではないようになっている気がします。距離数が伸びない日もあったので。)

 

この時速の設定は遅いのかな。10キロだと2時間近く走る計算だからもう少し上げてもいいのかもしれません。時速5.5キロで30分だと全然疲れないし、筋肉痛にもならず、程よいリフレッシュになります。

 

しかし、30分のんびり走って、汗はかくけれど、消費カロリーってなかなか減らないですね。。30分で110キロカロリーとかです。クッキー2枚食べたらあっという間にカロリーを取り戻します。カロリーを考えたらがっかりですが、走った爽快感はとても気持ちいいです。カロリーはあまり考えず走った方が気分が良いかも。

 

帰省中だけでも継続しようと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まだまだ楽しめるモエレ沼公園

思ったよりも広いモエレ沼公園

子供が生まれる前から、もう何度も行っているモエレ沼公園ですが、先日初めてレンタサイクルを利用して周ってみました。実は私、怖くて公道を自転車で走れません。公道だと怖さが先に立ってしまい、転倒することしばしばだったので、公道を走るのはやめました。公園なら乗れます。

これまでは子供を遊ばせるために水遊びが出来る場所に行ったり、自転車の練習やサッカーの練習とかにしか行かなかったので、手前の方しか行きませんでした。歩くの大変だし。

様々なスポットがあるようですが、位置関係とかも未だに把握しきれていません。

 

今回レンタサイクルで走り回ったら、初めて見る場所や、遊べる場所があって、面白かったです。

f:id:ichimamaday:20170801153608j:plain

こんなところや。

f:id:ichimamaday:20170801153709j:plain

f:id:ichimamaday:20170801154423j:plain

こんな遊び場も初めて知りました。奥に滑り台とシーソーもあります。天気が良く、滑り台は熱くなっていて滑れませんでした。

 

自転車借りたから、昔2~3回行った大きな噴水の上がる場所にも行きたかったのですが、どこにあるか探せませんでした。残念。水しぶきがかかって気持ちよさそうと思ったのですが。普通に水遊びさせた方が早いということかな。

 

小一時間走り続けて、もたぶんまだ全部走れてないような感じでした。だいぶ広い。

 

子育てママの定番のママチャリが我が家にはなくて、下の子はあの自転車のチャイルドシートに乗るのが初めてでしたが、静かにチョコンと乗っていてくれました。楽しかったみたいです。

気持ちよくサイクリングできました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コンサドーレ札幌vs浦和レッズ戦に

昨日はコンサドーレvsレッズ戦を観戦。

たぶん今年一番の見せ場となる試合だから、見に行きたい、日本代表の選手もたくさんいて、札幌でスター選手たちのサッカーを見られるなんて、嬉しい。コンサドーレがJ1に上がってくれたおかげです。

だけど浦和戦って選手もサポーターも皆エキサイトしそうで怖いイメージ。。主人も仕事だから1人で子供たちを連れてかないといけないし、3歳はまだ抱っこ抱っこなので、いつも通りテレビで観戦が最善策かなぁと思っていました。

 

そんなある日、サッカースクールからエスコートキッズの募集のお手紙をもらってきた長男。レッズ戦で息子の出番をもらえるチャンスがあるなんて。

サッカーファンとしてはぜひともやらせたい。。

でも私の体力的に頑張れるかしら・・。と悩んだ結果、こんなチャンスはもうないかもしれないので、やらせてみることに。息子は照れ屋で目立つのが苦手なタイプなので、前日までは知らせませんでした。絶対に「やだ~ぜったいやらないとダメ?なんとかならないの?」と言われるので。

f:id:ichimamaday:20170731062214j:plain

 

 

いよいよエスコートキッズに

前日に、明日の説明を長男にすると、予想通りの回答。私も「でももう明日だからやらないとだめだよ~。断れない。」「ほかにも大勢スクールの子もいて、一人ではないから目立たないから。」と言い聞かせ、了承をいただきました。

しかも「テレビに映るかもしれないよ~」と言うと、なぜか少し乗り気になってきていて、目立つのは嫌だけどテレビに出たいって、、どういうことなんだろう??

 

集合場所へ行き、控えの部屋とか、ピッチレベルから試合直前の練習を見られて、感激でした。ピッチから観客席を見上げると、応援って更にすごく見えてちょっと鳥肌がたちました。札幌ドームの壁が高いから?自分が小さくなって鍋の底にいる気分(笑)

 

近くで選手たちが見れて、嬉しかったなぁ~。コンサドーレの選手はもちろん、レッズの選手も見れて親たちのほうがテンション上がりました。

 

いよいよ子供たちだけが戻り、選手も練習を終え、出てくるとき。

下の子は眠くなっていて、抱っこしたまま寝そうになってくるという最悪の状況に。

「起きて起きて!お兄ちゃん出てくるから寝ないで~。」と必死。

だって抱っこで寝られたらカメラも写真も撮れないし、ただでさえチビ連れだと写真やビデオはブレて全滅。せっかく苦労して撮っても残らないものになってしまうのです。

 

でももう出てくるし、ごめんとチビを下に置いてカメラに集中しました。もう立てずに芝に寝転ぶチビ君。踏まれないように気を付けながらカメラを構える母。もうグダグダでした。

結果、写真はブレました(笑)全ブレ。ムービーもあまりよく撮れず。。

わ~って思ってたら、子供たちはあっという間にピッチから下がってきて。

終了でした。

裏で、コンサドーレの河合選手が子供たちと記念撮影してくれました。

 

 

小野選手はホントにステキ

後から子供に聞くと、並んで待っている間、小野選手が子供たちとハイタッチしてくれたんだそうです。すごい選手なんだよ!!と教えると喜んでいました。

前にもサッカースクールに一人で来て、子供たちのサッカーを眺めていたことが何度かありました。子供好きなのかなぁ。。そういう姿を見ているので良い印象しかないです。練習場の入り口で、下の子にまごついていたら、前から小野選手が入ってきたことがあって、ビックリしすぎて会釈したことがあります(笑)が、うつむきながら返してくれました。私には苦笑いされてたように見えたのですがね(笑)そうですよね、知らないおばさんに会釈されて。でもホント良い話しか聞かない選手です。

 

試合はコンサドーレの勝利に

コンサドーレが勝ちましたが、代表選手たちのプレーも見れて、面白かったです。前半に槙野選手が退場してしまって残念でしたが。せっかく札幌まで来てもらって、見れる機会だったので、もっと良いプレーをたくさん見たかったです。

コンサドーレも素晴らしい戦いだったと思います!札の幌サッカーファンも増えるのでは。私もまた観に行きたいと思います!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ミッキーのマジックショーに行ってきましたー!

ニトリ文化ホールでミッキーのマジックショーを見てきました!

ミッキーのショーはなんだかんだでディーズニーオンアイスも2回行ってるし、何度か見に行っているけど、マジックショーは初めて行きました。

下の子が生まれてからは初めてかな。

マジックショーはもう来ないんだとかで。(て言ってまた来たりして。)

会場では恒例のグッズ販売とかあり、光る星のステッキとかも2700円とかディズニー価格。

先週木下サーカスで買った光る星のステッキ持参すれば良かったな(笑)ちなみに木下の星のステッキは1000円でした。それでも高いと思った。

f:id:ichimamaday:20170723220819j:plain

ちなみにこれです。木下サーカス様のステッキ☆

ディズニーはもう少し太さがあったけれど、だいたい同じくらいの大きさでした。

公演はというと、私が一番歓声を上げて観ていたかな(笑)

楽しかったし、やっぱり女の子連れの親子が多かったような。

プリンセスたちはやっぱり人気だもんね。

プリンセスだけではなく、トイストーリ―もあったから、男の子も好きな子は良かったのかな。バズとか軍曹がたくさんみせてくれました。

我が家の息子たちはというと、楽しかったのかそうでもないのか、言葉も発することなく黙って観て終わりました。

次男は兄よりはミッキーが好きな感じだけど、「わ~」とかなく。

帰りに聞くと、「ミッキーマウスマーチが無かった」と。

そうか。。私たちが歌っているミッキーマウスマーチで育ってしまったから、

息子も古い感じ?確かに最近のは見せてないかも。

お兄ちゃんは多少ミッキーマウスクラブハウスとか見てるけど、キャラ物には興味なしなタイプで。

でもまぁ、楽しかったと言ってくれたからいいことにしました。

 

 

今度は何が来てくれるのかな?楽しみにしてます。

ショーの最初には、札幌のキッズのダンスチームが3チームくらいショーをしてくれて、どのチームも上手で可愛かったです。

そして、最後には写真タイムがあり、全キャストを写真撮影させてくれました。

嬉しい。思い出に残せました。

f:id:ichimamaday:20170723223026j:plain

今度来るときは、何のショーを見せてくれるんだろう♪

また楽しみに待ってます!

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

5年ぶり木下大サーカスを見に行ってきました♪

前回よりも楽しく感じた木下サーカスは、やっぱりすごい!

三連休の初日は、だいぶ前から友達と行こうと決めていた木下大サーカスを見に行ってきました。

5年前にも札幌公演がありましたが、その時も、同じお友達と見に行きました。

私も友達も5年前は子供が一人でしたが、今回はお互いに一人増え、にぎやかにいってきました。

正直、5年前は長男が2歳前で、あまり集中して見てくれず、大音量の場面で爆睡するし、その時にサーカスは初めて見たので、私自身感動したしとても楽しかったのですが、その反面疲れも半端なくて。公共の交通機関で行ったし、帰ってぐったりでした。

 

今回は更に一人増えましたが、今回は私の車で行くし、長男が弟を見てくれたりするようになり、心強い存在になってくれつつあるので、前よりも楽しく見ることができました。

f:id:ichimamaday:20170717151108j:plain

メインの演目は、休憩をはさんで後半に連発するのですが、演目事態の構成はあまり変わらなかったように思うけど、それぞれの内容が密になったような気もするし、ストーリー性もあったような気もして、前にも増して楽しめました。

ドキドキワクワクといった感じ。

ホワイトライオンも前より大きくなったような?前と同じライオンなのかはわからないけれど(笑)

 

 

長男の記憶には、きっと深く残った木下大サーカス。

はっきり言って、長男には2歳近くに見た記憶は無いようです。今回はかなり記憶に残ったのかなぁと思います。

 

7歳的には空中ブランコとピエロが印象的だったそうで、3歳の弟的には、ぞうさんと言っていました。(弟は前半寝ていて観てないです。。)

確かに、動物を操る演目は見ごたえがあって、ホワイトライオンのドキドキもそうだし、ぞうさんが二本足で歩いたり、ほんとスゴイ。

ライオンだっていくら調教されていても、動物だし万が一のこともありそうでドキドキするけど、あのライオンを操っている人がホント勇敢で格好良い。前回と同じおじさんだったようにみえたけど。スゴイ。

 

動物の演目がやはり木下大サーカスでは見ごたえがあるから、その趣旨に沿っている次男は普通なのかな。

長男は昔からだけど、ちょっとファンタジーな部分があるから、空中ブランコやピエロに興味を持ったのもわかる感じ。

 

f:id:ichimamaday:20170717153719j:plain

また来たらまた観にいきたいなぁ。長男に拒否られる歳になる前に、また来てほしいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク