いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

袴の着付け

袴の着付けを練習してます

ヘアメイクのお仕事をしていますが、現場でよく一緒になるのが着付け師さんです。そのうち勉強したいと思いながら今日までやってきて、最近やっと習い始めました。

着物も奥深いので、突き詰めればとことんできると思うのですが、私の場合は普通にスタンダードな着付けが出来るところまでを目標にしました。これから花嫁や師範まで突き詰める気持ちは更々なく。。基本ヘアメイクが本業で着付けも手伝えます。と言えるように。

で、まずは自装から始めて、最近、他装を教えてもらい始め、袴から始まりました。

一度アイモデルで教えてもらい、家でも練習できるように、先生がトルソーを貸してくださいました。

f:id:ichimamaday:20180113231433j:plain

我が家にやってきたトルソー。夜に見たらビクッとしそうです。

復習がてらブログに書いて行こうと思います。

 

1、補正、下着、の準備

f:id:ichimamaday:20180113231812j:plain

※このトルソーの設定を一番低くしてあるのですが(たぶん小学校卒業くらいの身長)、私が持っているもの全てが、身長167センチの私サイズなので、調整しても上げ切れていません。

小学生の場合は袴の中の着物が立ち座りで袴の下から見えないように、更に少し短くするため、肌襦袢をひざ下くらいにして着ます。

補正も私はまだ胴の補正しか教えてもらっていませんが、小学生は胸?肩?の補正は要らないようです。

2、長襦袢を着ます

f:id:ichimamaday:20180113232818j:plain

※無知な私が用意した白い襦袢は、婚礼などの礼装用だそうです。練習なので使っていますがご了承ください。

長襦袢も着物から裾がはみ出ないように、おはしょりを出して長さを調節して仮紐で結び、背中、襟元、おはしょり、など綺麗に整えて伊達締めで押さえます。

袴の場合、特に小学生や小さい子の場合は襟をあまり抜きません。

 

3、着物を着ます

f:id:ichimamaday:20180113233602j:plain

背中心を合わせて、クリップでとめて、衽の端を体に合わせてから着ていきます。

袴から見えないように短くあげて着つけますが、足元がブーツの場合は更に少し短く着た方がバランスが良いそうです。

f:id:ichimamaday:20180113235229j:plain

おはしょりを出して襟を合わせて仮紐でとめます。背中は綺麗にして両サイドにタックを取ります。襟元、おはしょりも綺麗にしたら、伊達締めで押さえます。衣紋は抜かず着つけます。半襟は小さい子は出す幅が狭いほうがバランスが良いそうです。

4、帯を巻きます

f:id:ichimamaday:20180113235812j:plain

(写真は少し大きいかもしれません。)20センチ幅くらいで文庫結びにします。

 

5、袴を着せる

f:id:ichimamaday:20180114000148j:plain

帯から2センチくらい下げて、袴の前側の中心を合わせ、前から後ろにピタッとずれないように紐を回します。

f:id:ichimamaday:20180114000349j:plain

リボン結びの帯の上でしっかりと引きながらクロスさせて、また前へ回します。

前へ持ってきたら、体の右側に寄せて左上にして重ねます。下になっている紐を折り上げて左から、上になっている紐を右から回して、また後ろへしっかりと引きながら回します。リボン結びの下でしっかり引いてから、ほどけないように二回くぐらせて蝶結びにします。

f:id:ichimamaday:20180114001112j:plain

袴の後ろ側を、リボンの上に背中の中心を合わせて背側についているヘラを帯に挟みます。背中にピタッと沿わせて前へ紐を回します。前でも緩まないように引きながら、右前で蝶結びをします。リボンの垂れている片方長いほうを後ろからもう一度くぐらせて、結び目を隠します。

f:id:ichimamaday:20180114001628j:plain

後ろはこんな感じです。(しつけがついたままです。)

初めにも書きましたが、大人用の着物と袴なので、床ぎりぎりの長さになってしまいました。帯を締める前に、袴の長さを確認してから帯を締めた方がよさそうです。

 

まだ1回目なので、練習たくさんして、また書きたいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

レゴでファミレスのコーヒーメーカーとジュースの機械

小学一年生の発想で作ったコーヒーメーカーとファミレスのジュースの機械

f:id:ichimamaday:20180113220604j:plain

手のひらサイズですが、驚かされました。そんなにファミレスも行かないけれど、細かいところまで覚えてて、ちゃんと考えて作れるんですね。一年生でも。何も見ずに想像だけで作って見せてきたのです。

でもなんで急に思いついたのかは不明。

コーヒーメーカーはコップが二つ置けるように、ジュースはボタンが4つだから、4個置けるようにしてある。と。

コーヒーメーカーのボタン部分は、レゴクリエイターの何かの車系の運転席の操縦ボタン部分のパーツだったような。。

何か色合いも綺麗に揃えてて小さいけれど上手にできたな~と。

 

f:id:ichimamaday:20180113222333j:plain

後ろもこんな感じで手を抜かず。

f:id:ichimamaday:20180113222525j:plain

建物や車系はよく作るのですが、最近機械系も作るようになってきて、レゴがまた楽しいみたいです。大人になっても男の人は好きな人多いですもんね。

 

この機械を、広い板にファミレスの席やトイレとかレジとかを作って一緒に配置して、お店屋さんごっこを下の子とやったりしていました。

後は、お片付けもちゃんとしてくれたらうれしいのですが・・ね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

緑になったポインセチアを12月までに赤く色づかせようと思います。~2か月半経過~

かれこれ2ヶ月半は経過しました。

もうクリスマスは終わりましたが、結果我が家のポインセチアを赤く咲かせることはできませんでした。

話によると、1ヶ月半くらいで~ということでしたが、2か月半経過した状態がこちらです。

f:id:ichimamaday:20171229064807j:plain

真赤な花びら?葉っぱ?が2枚。という残念な結果です。

もう少し頑張ってみようと思います。赤い花が3つくらい咲いてほしかったのですが、鉢も小さいし栄養もあげてないし、あまり元気がないポインセチアだったのかな??

ん?栄養あげてみようかな?今思いつきました!小柄なので元気が出るよう栄養をあげてみたいと思います。引き続き短日処理はします。冬至も過ぎましたが、短日処理、頑張ります。

 

 

お世話したらしたぶん元気になると思ってます。

植物ってお世話したらした分元気になると思っていて、手がかからない植物もありますが、お水が必要な植物は。

毎日朝夕ポインセチアの鉢を出したり引っ込めたり、たまに話しかけたりしていました。ある日鉢を窓際から引っ込めるのを私が忘れていたら、3歳の次男が鉢を抱えていつもの場所へ運び、段ボールをかぶせてくれたのでした。

 

後で気が付き、やろうとしたら、鉢が無かったので、「おかしいな~?鉢下げたっけ?」と一人でぶつぶつと言いながらウロウロしていたら次男に「僕がやったよ」と言われて驚きました。

3歳でも「ママが忘れてる~」と思ってやってくれたのかな?驚きました。たくさんほめてあげたら、お花係のように水あげも「元気なお花を咲かせてね」と言いながらするし、段ボールをかぶせるときも、「おやすみなさい」と言ったり、可愛らしい光景が。

クリスマスまでにお花は咲かなかったけれど、可愛いそして世話好きな次男を発見できたのが収穫でした。

引き続き短日処理は継続したいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パーソナルカラーを勉強して思うこと

肌の4シーズンと似合う4シーズン

ヘアメイクの仕事をしていて、昔勉強した時に授業でパーソナルカラーを学ぶ機会がありました。初級レベルを勉強したのですが、今改めて中級まで資格試験を受けてみようと勉強しています。カラーのことは大好きで、いつかはちゃんと勉強してみたいと思っていたので、楽しく勉強しています。洋服やコスメも今まで感覚的に選ぶことが多かったのですが、似合わないな~、老けて見えるな~とか感じていたものが、理論的に解きほぐされています。

パーソナルカラー診断してもらったことがある方は、4シーズンなど聞いたことあると思いますが、自分の肌のシーズンと同じシーズンの色を選べば似合うと勘違いしている人が多いです。

元々私も勘違いしていて、納得いかないな~。と思っていたことなのですが、なぜこんにたくさんある色を、たった4つに分けられてしまうのか、正直モヤモヤしていました。血液型占いのように4つの型に全員分けられて、同じ血液型の人はみんな同じ感じみたいにみられるという。そういう分け方が苦手な私。ハマらない人や中間の人もいるはずだし、そんなことにとらわれず、自由に好きな色を選んで身に着けて色を楽しめばいいのではないかと思うので。

今回しっかり勉強してわかったことは、4シーズンにハマらない人もいるし、肌の色の4シーズンと似合うシーズンが違ってもいいということ。あ~よかった~。

また似合うとされるシーズンと自分の好きな色が違う場合ももちろんあります。

「パーソナルカラーを見てもらう」というと、占いに近い雰囲気を感じて昔学んだときはあまり納得できない自分がいた(占いは信じない私。)のですが、パーソナルカラーがより良く見せる判断材料になるということが、ちゃんと納得できてよかったです。

 

カラーの歴史から分けられている4シーズン

ではなぜ4つの季節に分けられているのかというと、カラーの歴史を作ってきた人たちが自然界の中から色の特徴や分類、法則を見つけてきていたからなんだとわかりこれまた納得。自然な流れで4シーズンに分かれたのね。パーソナルカラーもいくつか流派があるようですが、4シーズンには変わりがないようです。

 

配色法はたくさんあって結局なんでもアリなの?

中級になると配色法もたくさん勉強するのですが、色相の統一感高かったり、対照的な配色でもトーンや明度・彩度が揃っていればわかるのですが、結構バラバラに見える配色法もあって、正解ってあるのかしら?と思ったりします。結局なんでもアリ??

おそらく、適材適所で使えたら素敵な配色になるのだろうと思います。

洋服のスタイリングやメイクアップ、看板、部屋、などなど、様々な場所に適した配色であれば、とても良い効果を発揮するのだろうと。また目立つためになじまない配色法を用いたりもあるでしょう。結構自由に個性を出してもいいと思います。

洋服やメイクに関しては顔周りは肌色(血色)や目の輝き、輪郭などにも影響するので、日常の色使いでパーソナルカラーや配色法を用いてよりたくさんの人に素敵に見せたい人が多いかもしれません。色の分量や質感も大事になってきます。

とは言え、大人はそんなに観察して細々と人を見ないと思うので、楽しみながら素敵な印象を与えたいですね。

 

色彩技能パーソナルカラー検定

私が勉強したのは数種類あるパーソナルカラー検定の中の、色彩技能パーソナルカラー検定です。モジュール1~3と更にその上があるようですが、私の場合はカラリストになりたいのではなく、ヘアメイクの仕事に役立てるために資格を取ってみようと思っているので、中級のモジュール2まで受けようと思います。もうすぐ試験なのですが受かるかな・?

たまたま前にモジュール1(初級)の本を使って勉強したことがあって、思い立って試験日を調べたら他のカラー検定が締め切り後でしたが、ここだけ間に合ったので受けてみようと。(カラーの検定は年に2回の場合が多いです。なので間に合わなければ半年待たなければなりません。)

初級の本も改訂版が出ていたので買いなおしました。(10年以上前の本なのでそりゃそうだ。)

内容は難しくないのですが、中級のマンセル表色系と色名や、実際の色の見極めが難しいところです。黄み青みがしっかり見分けられたり、明度、彩度、清濁、トーンがしっかり見分けられてその効果が理解できているか。とか。

あと数日ぼちぼち頑張ろうと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

緑になったポインセチアの花を、12月までに赤く色づかせてみようと思います~1ヶ月半経過~

短日処理を開始後1ヶ月と少し経過しました

短日処理を始めて1ヶ月経とうとしている頃、葉脈が赤くなってきているように見えたものの、その後はあまり変化がなく、やはり素人には難しいのかなと思っていました。

1ヶ月と少し経つ頃、新たな葉っぱが出てきました。でも色は緑。若い葉っぱなので黄緑でした。茎は赤くなっていますが、まだ赤い花は咲かないか。。と思っていたら、

f:id:ichimamaday:20171122225914j:plain

若葉はすでに赤い葉脈ではないですか!これは赤くなるかもしれない。

なんとなく若葉の先やフチも赤く見えるし。諦めそうな気持が盛り返しました。

もう一度短日処理のやり方を調べてみて、時間の設定や室温なども確認しました。

初めに見たものには1ヶ月半くらいで赤い花が咲く。とありましたが、今回調べたものには、場合によっては3か月かかることもあると書いてあったので、クリスマスまでに間に合わないかも。。と不安がよぎりました。(でも最後までやってみたいと思います。)

 

そして良いか悪いか自己流ですが、暗くする時間を今までよりも少し長くして、夕方4時~朝9時頃にして、

これまでは暗い階段下の倉庫に持って行っていましたが、室内で鉢を丸ごと段ボールで囲う方法に変えました。

 

色づきが加速してきました!

自己流も少し入りましたが、基本的方法を少しオーバーにやってみたら、1ヶ月半くらい経過するころ、毎朝見るたびに色づきが加速してきました!!

f:id:ichimamaday:20171122231603j:plain

上の方の黄緑色の若葉が葉脈から赤い色が浸透して赤く見え始めています。

f:id:ichimamaday:20171122231849j:plain

この真ん中あたりの若葉も同じような感じになりつつあります。

今のところこのような葉っぱが3枚。

毎日赤みが増しているように感じるので、毎朝段ボールから出すのがとても楽しみになりました。この調子であと1か月、クリスマスまでにどうか赤くなってくれますように!!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

サーティーワンのミニオンズアイス

クリスマスはミニオンズアイスに決~めた!

先日も書いたのですが、うちの3歳児がハマっているミニオンズ。子供が好きになるとついつい親もハマってしまいます。。お友達のお家にアイスをお土産に持っていこうと、サーティーワンに寄りました。すると、なんてタイミングでしょう!

f:id:ichimamaday:20171114195732j:plain

お店の前にこのポスター!3歳児大はしゃぎ!私も何か嬉しくなってしまいました。

ミニオンズカラーのアイスに、ミニオンズのチョコがトッピングされていて、なんて可愛いのでしょう♡

当初、子供の好きなポッピングシャワーを喧嘩が無いように子供の人数分買おうと思っていましたが、ミニオンズももちろん購入♡

 

 

ポスター右上のホールタイプのアイスケーキはもちろん我が家のクリスマスケーキに決めました。11/30までになっているけれど、予約すればクリスマスにもらえるのかな?後でお店に聞いてみます。

f:id:ichimamaday:20171115163412j:plain

結局ポッピングシャワー3個は外さずに、ミニオンズとモンスターインクとあともう一つは忘れたけれど、イメージカラーのアイスに決めました。

茶色と紫のアイスが何のアイスか忘れたけれど色合いが可愛いし、やはり美味しかったです。

結局子供たちが食べつくし、大人は味見程度しかできませんでしたが、うちの3歳児はお兄ちゃんたちに負けずに素早くミニオンズをゲットしていました。

さすがは次男、ボーッとしてない。

ちなみに、ミニオンズのアイスは黄色い部分はバナナ味でした。やはり。

青い部分はシャーベットタイプで、たしかブドウのようなブルーベリーのような味でした。クリスマスのホールタイプのアイスケーキはどんな中身なんだろう。。とても楽しみです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ミニオンズとミニオンズカレーにハマる子供

近年、流行しているミニオンズ。兄はハマらず弟はハマる。

近年ミニオンズが流行りだして、グッズも飛び交うように出ていますが、流行り初めの頃に旦那さんが持って帰ってきたマックのハッピーセットのミニオンを見て、まだ幼稚園だった長男は怖いと言って全く興味を持ちませんでした。キャラ物全般に興味を持たないタイプなので、親としてはありがたい。もちろんDVDも見向きもせず。なので私もスルーしていましたが、結構長い間流行っていますね。

次男も3歳になり再びミニオンズのDVDを見る機会に遭遇。お友達のお子様がハマっていたんですね。それでお宅で見た次男はドはまり(笑)

3歳児が息が止まりそうなくらい笑っていました(笑)

面白かった場面を一所懸命、何度もしつこく説明してきて、動きも真似していた3歳児(笑)

それで我が家もDVDを借りたのですが、流行初期にミニオンを怖がっていた長男も小学生になり、一緒に見ると結構笑っていました。が、やはり次男ほどではない様子。兄弟で趣味も性格も違いますね。

 

ミニオンズカレー発見!

ある日スーパーで次男を連れて買い物中。次男が大きい声を上げました。

「あ、ミニオンズだ!」

見るとミニオンズカレーを発見。

f:id:ichimamaday:20171104225127j:plain

カートから降りると、次男はすかさず自分で手に取り、お兄ちゃんの分と二つ買うことになりました。中には1箱にシールが一枚ずつ入っています。シールが可愛いです。

お味もコーンも入ってかなり甘口。お兄ちゃんには物足りないかな・・と思いきや、弟の分も半分もらう勢いで食べてました。

ここでも、兄はパッケージに多少反応したものの、カレーのほうに興味あり。弟は完全にパッケージ買いですね。。パッケージにしか興味なし。

 

次男はおそらくお気楽タイプかな(笑)きっと新たなブームが見つかったら一気に冷めてしまいそうだけど。

我が家に遅れてやってきたミニオンズブームはもうしばらく続きそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク