読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

バランスボール、インストラクター認定試験に向けて・・

インストラクター認定試験まであと2週間となり、今日は久しぶりに養成講座の先生たちと一緒に、試験会場へ行って試験の練習をしてきました。

 

最後のレッスンが終了してから、卒園やら入学やら忙しさにかまけて練習をサボりがちになっていました。

 

さすがにまずいと思い3日くらい前から練習し始めましたが、いざ今日弾んでみると軸はブレてグラグラするは、リズムは合わないは、、泣きたいくらい下手で・・、先生方からもダメ出しの嵐。。

あ~もう試験なんて受けたくない。

と、投げ出しそうになりました。

なんで養成講座を受けたんだろう。。わからないけど、やるって言ったのは自分で。

投げ出したって誰にも迷惑はかからないけれど。

自分でやるって言ったから最後までやらなくちゃ。

 

たとえ試験に落ちても、私の体には、たくさんの良い変化をもたらしてくれたバランスボール。更年期が来たのかな?と思うほど乱れてコントロールできなくなっていた気持ちが落ち着いてきたし、他人からみても心配されるほど見た目もどんよりと元気がなかったようで、自分のことすら無関心で無気力になっていた私が、ブログを書いたり何かやろうと少し生命力が出てきたということ。

心の片隅で、なんとかこの状態から抜け出したいという気持ちが残っていたことが救いでした。子供のごはんまで作る気がなくなったら病院かなぁ。それは嫌だなぁ。こんな母でごめん、、子供たちよ。など色々考えては、どうすればいいのか・・何とか気力を取り戻したい!元気にハツラツとしていたい!と悩んでいました。

姿勢が良くなったり、膝の位置が均等でなかったのが、揃ってきたし。ジャンプとかでうっかり尿漏れがあったりしたけど治りました。程よい疲れで良く寝られるようにも。他にもたくさんあります。何より弾んでいると楽しい。絶対に脳にもいい刺激になっています。こういうたくさんの体の変化があっただけでも良かったことにして終われるかもしれない。。

 

みんなに広めたいけれど、私にそんな力量なんてないのかもしれない。

でも諦めたらそこで終わりだから、今は試験に向けて頑張ってみることにします。

 

練習不足だって、子供のせいにしているけれど、子供を預けずにレッスンも出て練習して、本当に大変でした。まともにレッスン受けられないし。日中もほとんど練習できないし。レッスンして、せっかく整ってきた骨格が子供を抱っこすることでまた元に戻りそうで、子供にイライラすることもありました。うちの子たち、なんでこんなに抱っこ魔なの??

でも甘えたい気持ちにはまだ応えてあげていい年齢だし。もぅ、と思いながら抱っこ。

でもそうなることが分かっていても、それでも受講を決めたのは自分なので。

あと2週間一生懸命練習します。

 

本部の方からも「そんな弾み方では落ちます。」とはっきり言われちゃったし、ホント厳しい視線で見られると思うけれど。

どこまでできるか頑張ります。

 

 

 

南極カチコチ大冒険を見に。

久方ぶりの映画館でした。おそらく10年位ぶりかもしれません。

最後に見た映画が思い出せなかったくらい。(主人に聞いたら「武士の一分」じゃないかと。たぶんそうだと思います。)

 

長男はあまりアニメなどにも興味を持たず、これまでやってきたのですが、年少さんくらいには女の子たちは「アナ雪」など見に行き始めていました。そのころ息子はまだ何を見ても飽きてしまうような感じでした。娘と映画~とか、娘さんを持つお母さんたちを羨ましいなと思っていました。

 

なので、やっとドラえもんに興味を持ちだした息子と初映画。しかも久しぶりだったので、なんだかとても楽しみで。下の子もテレビで予習して、パオパオを気に入っていたので、楽しみにしているようでした。

 

f:id:ichimamaday:20170423235608j:plain

かわいいパオパオストラップももらえて、長男より次男のほうがハマっていました。長男は物にもあまり興味を持たないタイプのようで。このストラップよりも、ポップコーンを大事そうに抱えていました。

もう少しで上映も終わりそうな時期なので、一日一回の上映でも空席だらけ。

寝ちゃうかなと思ったけど、二人とも最後までしっかり見れました。

 

映画になると、のび太君はいい感じになりますね。テレビのダメダメなのび太君ではなくて、優しい心を強さに変えて戦ったり、勇気を出したり、感動をくれる存在になります。

 

久しぶりの映画が子供向けのアニメだったけれど、映画っていいなと思いました。

子育てが落ち着いて一人の時間が出来てきたら、また好きな映画を観に行きたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

枝豆のふくろ

また一年生の長男の話題になってしまうのですが、

学校でも家でも、ひらがな、カタカナを一生懸命頑練習しています。

だいぶ書けるし読めるようになってきました。が、

「ね」と「れ」、「ろ」と「る」、や小さい「っ」の位置など考えないとわからなくなったり、間違えたりします。長いことやっていますが、少し覚えが。。でも本人は一生懸命なので、気長に教えています。可愛い間違えですしね。

 

言葉の始まりが遅かった息子は、3歳近くまで5語くらいしか話しませんでした。保健センターにも通い、3歳になっても出なければ、言葉の教室に行ってみようかと話してました。ママも「あーたん」としか言えず、二人でいる時間も長かったので、様々なことを話しかけたりすることは、人よりも多かったと思っていましたが、話してくれなくて、心配になったこともありました。

でも3歳を目前にして急に話し出したことを覚えています。「ママ」が言えるようになった時は、やっと呼んでくれた!と喜びもひとしおでした。

 

今も少し感じるのは、言葉がうまくすらすらと出てこないことや、どもってしまうことがあります。幼稚園からも何も言われなかったですし、おそらく気になっているのは私だけなのかなとは思うのですが、その他にも言葉を間違って聞き取っていることが多々あります。

例えば、

「マリオ」→「マリヨウ」や、「べんざ」→「べんざー」、「ふとっちょ」→「ぶとっちょ」などパッと思いつかないのですが他にもたくさんあります。聞き間違えや聞こえているのに喋れないだけなのか、ふざけているのか。。

可愛いのですが、聴力も心配ですし、やはり言葉に変換することがちょっぴり苦手なのかなとも考えたりします。

日常生活では全く差支えはなく、誰からの指摘も受けたことはないので、私の思い過ごしであればとも思うのですがね。。

 

そんな息子は今日も微笑ましいミステイクを、

f:id:ichimamaday:20170421231003j:plain

夕食に出した枝豆の殻を入れるお皿を出していなかったら、息子が率先して袋を用意してくれたのですが、「ごみぶくる ままめ」と書いてあります。

「ろ」を書き間違えているし、「えだまめ」が「ままめ」って。

笑ってしまうし、疑問もあるし。。

 

大丈夫かしら?やはり少し心配です。

 

 

 

キラキラの一年生に疲れが。

長男が小学校に入学して2週間が経ちました。

入学してから、雨の日も雪の日も強風の日も一人で通学を頑張り、一日も休まずに通うことが出来ている息子。

それだけで合格点だと思っています。

 

元々体が弱いので、幼稚園も年少の頃は半分も通えていなかったのではないかと思うほど、風邪や体調不良で休んでいました。

 

そんな息子が一昨日あたりから腹痛を訴え、保健室に度々行くようになったようで、ついに昨日は帰宅時間の30分前に保健室から電話が。

「熱があるのでお迎えにきてもらえますか?」と。

あともう少しで早退しなくて済んだのに。と思いつつ、心配ですぐにお迎えにいきました。

保健室から、ふらふらとした足取りで車まで行く息子。

頑張ってたし、寒い日が続いていたし。

家に帰ってお熱を測ると、ん?平熱。

もう一度、ん?平熱。

何回計っても、ど平熱です。

不思議ですが、本人は腹痛もあり、ふらふらするというのでゆっくり寝て休ませることにしました。

 

きっと疲れが出たのでしょう。その後は寝てもいられないようで、結局遊びだし、最後は早く寝なさいと言われて、急かされて寝ました。

 

今日も朝から腹痛の波があるようでしたが、保健室に行くことも覚えたし、熱もないので学校へ行くことに。学校は楽しいようで、嫌がらずに行ってくれます。

幼稚園の頃から、マイペースで一人でいても平気なタイプで、みんながやっていることを見て楽しめる子なので、遊ぶ時間が減っても、そんなに苦には感じないようです。

一年生の授業は、先日の参観日でも感じましたが、とっても楽しくやってくれます。先生の盛り上げ方も幼稚園並みです。

 

保健室には行ったようですが、最後まで頑張って帰ってきました。

また来週から頑張れるように、週末は疲れや緊張から解いてあげて、できるだけ楽しませてあげたいなと思います!

 

 

 

久々の焼肉。。

先日主人が出張から帰ってきた日、いつもならそのまま会社へ直行して、いつも通り夜中に帰宅するのですが、珍しく夕方に家に帰ってきました。カチャっとドアが開いたので、泥棒かと思って構えていたら、主人でした。もう、心臓に悪い。

 

あまりの体調の悪さにそのまま帰ってきたとのこと。すぐに寝ていましたが、起きると焼肉にでも行こうかと言ってきました。

え!焼肉屋へ外食・・何年ぶりでしょう。次男が生まれてからは無いような。

新居になり、家でも焼肉は控えていたので、子供たちも喜んでいました。

主人はまだ体調が悪いようでしたが、日ごろから子供たちが焼肉したいと言っていたので、今日だと思ったようでした。優しいです。

 

f:id:ichimamaday:20170414221043j:plain

長男はお肉好きだけど焼く方が好き。次男は食べる担当。けっこう食べていました。子供たちの嬉しそうな顔も見れて、主人の優しさにも触れて、心穏やかな一日になりました。今度はいつ食べられるだろう。。

 

 

 

ペットボトルで、いちご栽培

昨日、両親から荷物が届いた中にこんなものが入っていました。

f:id:ichimamaday:20170414215103j:plain

f:id:ichimamaday:20170414215202j:plain

イチゴがペットボトルで栽培できるそうです。

面倒くさがり屋の私にはぴったりの家庭菜園。さすが母。わかってます。

絵では8個くらい実がなっているけど、1個でも採れたら成功かな。

 

早速、息子と観察して楽しみたいと思います。息子はいちごを食べないので、食べるきっかけになればいいなと思います。

子供と雨

今日は北海道は春の嵐で、日中は吹雪いたりしていました。融けるような雪だけど、積雪5センチくらいかな。最近ずっと寒くて天気が悪いです。

うちの新小学一年生も、吹雪の中今日から集団下校無しの一人下校です。慣れない小学校のあと、吹雪の中を帰ってくることを想像したらとても心配になり、途中まで迎えに出ようと準備して玄関へ行くと、どこからか子供の「ママ」と呼ぶ声が。

ん?外かしら・・?

 

ドアの採光ガラスから子供の影が見えたので、息子だとわかり、急いでドアを開けました。ピンポンを押すことを教えていなかったので、玄関先で「ママ」と呼んでいたのでした。私がたまたま玄関にいたので気づいて良かった。

 

とても寒そうな顔の息子。「良く帰ってこれたね~!」とたくさんほめました。

小学生になって、更に頼もしくなった長男。ホントに嬉しい。心配をよそに嵐の中一人で帰って来れました。今日はサッカーの習い事の日でしたが、それも元気に行ってこれたし。

ついこの間までは、幼稚園から帰ってきて、疲れた~。。サッカー行くのもダラダラ~。っとしていたけど、この変わり様。

一年生ってすごいですね。頑張りすぎてないかな?

子供の成長を感じ、嬉しい日になりました。

 

今日は嵐だけど、昨日は雨で、これまた寒かったのですが、スーパーに車で行くよ~。と言うと、次男君は「歩いていく~」と駄々をこね初めました。雨だし車で行きたいな。軽く説得してみたけどダメよね~。

時間はあるから仕方なく歩いて行けるスーパーへ予定変更。「抱っこなしで歩けるならいいよ」「うん」で交渉成立し、出発しました。

 

子供って雨、傘、長靴好きですよね。

 

うちの次男は、冬もほぼ長靴で過ごしました。なんでこんなに好きなのかよくわかりません。頑なに雪靴やブーツは拒否でした。

 

スーパーまで歩けるか半分しか内心信じていませんでした。どうせ途中で抱っこって言うのかな。眠くて頑固になってたんでしょ。風も冷たいし。と思いながら行きましたが、

帰りにあまりの強風で少し抱っこしただけで、ほぼ歩いてくれました。驚きでした。

f:id:ichimamaday:20170413233931j:plain

家も間近になり走り出す次男坊。

水たまりをジャンプしながら。

まだまだ可愛い、もうすぐ3歳児です。