いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

おいしい!JAふらののポテトチップス「ふらのっち」

JAふらののポテトチップス「ふらのっち」がおいしかったこと

先日、富良野に行った時のこと、トイレに立ち寄ったスーパーで見つけたポテトチップスです。

f:id:ichimamaday:20180407144329j:plain

地域限定という言葉にも惹かれて、のり塩とうすしおを買いました。札幌に住んでいるのですが、本当に地域限定なのかな??なんとなく札幌でも見たことあるようでないような・・と思いながら。

f:id:ichimamaday:20180407144816j:plain

裏を読むと、地域の皆様に還元したいという気持ちから・・など書いてありました。

途中にコンビニにも寄りましたが、コンビニにも売っていました。

JAふらのが湖池屋さんの協力を得て作られたと書いてあります。

 

厚めのカットのポテトチップス

うすしおは子供たちと主人ですぐさま食べてしまい、写真を撮ってないのですが、のり塩は家まで持って帰ってきたので、ゆっくりと食べてみました。

f:id:ichimamaday:20180407145751j:plain

まずは、厚さが普通のポテトチップスよりも厚いのを感じました。ザクザクと食べ応えがあります。そして、のり塩は。青ノリが惜しみなく振りかけられていて、たまに青ノリまみれのポテトチップスがあるほどでした。

また食べたいな~と思うのですが、私の近所のスーパーを何件か見てみましたが、置いてないことから、おそらく本当に富良野近辺の地域限定なのではないかと思います。

地域限定だから丁寧な作りで、美味しいものを地元のみんなに還元できるっていうのは分かります。。近くには美味しい水もあるし、北海道って豊かなホント大地ですね。

富良野は何度も行ったことがあるのですが、JAふらののふらのっちは今回行ったなかで新たな発見でした。

今度行った時にはまとめ買いしちゃいそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

五月人形を怖がる三歳児

珍しい五月人形

我が家の五月人形はおそらく珍しいタイプではないかと思います。私の実家にも弟がいたので五月人形がありましたが、鎧兜がドーンと置いてあるタイプでした。どのお宅も大きさは様々だと思うのですが、兜タイプが多いかなぁと思っているのですが、長男が生まれた年に主人のご両親から頂いた五月人形は、ちょっと違っていました。

主人は一人っ子でしたが、五月人形は珍しい5段飾りだったそうで、まるで雛段飾りのようだったそうなのです。その最上段に飾ってある子供大将飾りが、まだ使えそうな状態で保管してあったそうなので、その子供大将だけをガラスケースを作ってもらって飾れるようにして、いただくことになったのです。

f:id:ichimamaday:20180401143236j:plain

当時は狭いマンションだったので、飾る場所もなく、ガラスケースで飾れるタイプだとちょうどよいなと思ったし、古きよきものを受け継いでいくことって素敵だな、ヴィンテージで一点ものっぽくていいなと思いました。

多少のダメージはありましたが、確かにケースに入れたら全然飾れるし、ありがたくいただきました。

 

子供大将飾りタイプは少ない?

私は五月人形と言えば、鎧兜を見て育ってきたので、子供大将飾りのように、顔がある人形タイプを最初見たときに少々驚きました。以降、春になってイオンなどに行ったときなど五月人形の売り場を見てみたりしたのですが、人形のタイプはあまり見かけないように感じました。が、調べると私が知らなかっただけで、普通に出回っているようです。人形の専門店などに行けばまた違うのかもしれないのですね。

 

3歳にして人形を怖いと感じる!?

今年も、3月の終わり頃になって飾ったのですが、もうすぐ4歳の次男は「怖い」と言って近寄りませんでした。去年まで誰も怖がらなかったのですが、今年は何だか怖い感じが分かるようです。もうすぐ4歳にしてはその感じ方は早いような気もするのですが。何だか怖い・・とか想像から来る怖さって6~7歳のような気がしていましたが、3歳でも感じるんですね。ポポちゃんやメルちゃんは大丈夫でむしろ大好きなんだけどな・・、やはり違うんですね。笑

しかも、「なんだかこの武士さん怖い~!」と。ん?「武士」が分かるの!?

何かで教えたか見たか・・考えてみると、YouTubeでレキシのきらきら武士を見せたことがあって、その歌を気に入った息子は3歳にして「きらきら武士~♪」と歌っていた時期がありました。だからか!笑

鎧の感じはまたレキシの武士とは違った雰囲気ですが、わかるんですね。

そんな次男も数日で五月人形にも慣れたようで、人形の前をいつも通りスルーします。

面倒なことにならなくてよかった。

 

我が家の息子たちも健やかに成長しますように。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

富良野ドライブと冬の青い池

珍しく2連休だった主人が、朝起きて子供たちとミーティングしていました。

「何がしたい?」「どこに行きたい?」

聞こえていましたが、私は主人が休みの時に、一人でお片付けや整理整頓、お掃除や衣替えとか、やりたいことがたくさんあるから、別に行かなくても。。と心の中でつぶやき。。

「決まった。富良野に行きます」と。言われ。そのまま富良野へ行く準備に取り掛かることに。富良野はオフシーズンですよね・・。何をしに?

たまにあるんです。このパターン。「え~」なんて言ったら面倒なことになるから、気持ち切り替えていった方が賢明なんです。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- はてな2 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2890822766149012"
data-ad-slot="2430029482"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});
</script>

決めてから準備して出かけるまで時間をもらい、家を出たのが11時頃。のんびりドライブして富良野のアンパンマンショップに寄ってホテルに宿泊。アンパンマンは下の子ももう卒業するくらいなのですが、下の子が生まれてから行ってなかったので、とりあえず寄ってみました。

子供たちは、ホテルに泊まりたかったようで、特に富良野が希望だったわけではなく、ホテルについてからテンションUP!

非日常を楽しんだようです。

翌朝、青い池を見に行こうということになり、調べると凍ってないとういうので見に行くことに。あのグーグルのスクリーンセーバーか何かで有名になった池です。

初めてだったので、私もちょっとこれは楽しみでした。

で、行ってみると、結構広い駐車場があって、きっとシーズンには観光客がたくさん来るんだろうな~と感じました。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- はてな2 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2890822766149012"
data-ad-slot="2430029482"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});
</script>

その日はまだ雪が残る3月にも関わらず、私たちで3台目。その後もポツポツと池を見に来ている人の車が入っては出ていました。

さて、池はというと駐車場から歩いてすぐに見えてくるのですが、、

f:id:ichimamaday:20180327154835j:plain

はい。凍っていました。。溶けているのは一部分で、青くは見えませんでした。。

せっかくなので奥まで歩いて行ってみると、川に流れ落ちているようでした。そこも少し溶けていたのですが、流れ落ちている川の方は青く見えました!

f:id:ichimamaday:20180327155118j:plain

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- はてな2 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2890822766149012"
data-ad-slot="2430029482"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});
</script>

これ、池が全部青くなってたら、ホントに綺麗だろうな~。。

近くに青い滝があるということで、行ってみることに。

f:id:ichimamaday:20180327155248j:plain

f:id:ichimamaday:20180327155733j:plain

滝が流れ落ちている辺りは青く見えました。あと、右側に見える大きな氷柱も。

f:id:ichimamaday:20180327155424j:plain

氷柱は写真よりも本物のほうが青かったです。これは冬にしか見られないですね。

何となく青さを感じながら戻ることにしたのですが、

池の青さが少なかった代わりに、シカを見ることが出来ました!

f:id:ichimamaday:20180327155909j:plain

けっこうな近距離で、私も子供も大興奮。たぶん子供で、とても可愛かったです!

今回の富良野ドライブで私の中で一番の思い出です。シカ見れた~。

青い池も、青いシーズンにまた行ってみたいと思います!

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- はてな2 -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-2890822766149012"
data-ad-slot="2430029482"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});
</script>

<a href="//www.blogmura.com/ranking.html"><img src="//www.blogmura.com/img/www88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="//www.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>

 

 

桔梗信玄餅のチロルチョコを発見!

久しぶりに買ってしまったチロルチョコは桔梗信玄餅の味

セブンイレブンで、桔梗信玄餅のチロルチョコを発見しました。コンビニにはレジ回りなどに新しい味が置いてあったりするけれど、もう何年もチロルチョコに気を留めることはなかった私。もらうことがあっても、自分で買った記憶がないくらいスルーでした。そんな私が最近買ってしまいました。チロルチョコ。桔梗信玄餅!

本物の桔梗信玄餅が大大大好きで、お土産に頂いたりしたら本当にうれしくてテンションUPです。一度プレミアムを頂いたときは、うれしすぎてワクワクしながらティータイムをセッティングしました。

 

しばらくお土産でもらうことも、旅行に行くこともなかったので、食べていませんが。。

チロルチョコを見かけたので、どんなものかと。わくわくドキドキ。

f:id:ichimamaday:20180310162351j:plain

大きい版のチロルチョコです。

 

お久しぶりです桔梗信玄餅~!

f:id:ichimamaday:20180310162758j:plain

和を感じさせる市松模様です。

f:id:ichimamaday:20180310162920j:plain

写真撮りたかったので切ってみました。

中はだいたい予想がつきますが、信玄餅に黒蜜が、、と思いきや、固まっている。。

食べてみることに。

味は桔梗信玄餅の感じが出てます。多分。私自身しばらく食べていないので、たぶんこんな感じだった気がします。

きな粉味のチョコの中に、固めの黒蜜。そして、餅の部分は、これは餅ではなくなんか固くて甘いゼラチンでもないけど求肥でもなく、ちょっと惜しい感じがしました。

でも味は桔梗信玄餅の感じが出てます。美味しかったです。

お餅の部分が私的にちょっぴり惜しい。。

久しぶりに本物を食べたくなりました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

着付けの練習~一重太鼓~

トルソーを使って、一重太鼓の練習をしました(トルソーは洋服用です)

着物を着た状態から。まだ自装でしか一重太鼓を学んでいませんが、これから他装も教えてもらうので、復習でトルソーに着せてみました。

f:id:ichimamaday:20180131133547j:plain

1、帯の手をクリップで押さえて巻き付けていきます。

f:id:ichimamaday:20180131133709j:plain

帯の手側を半分に折ってある輪を外側(合わせてある方を内側)に向けて帯板にクリップでとめます。肩から後ろに回して、帯を半分に折りながら、二回巻き付けます。巻きつけるとき、身長によって帯の幅を合わせます。(身長が高い方は帯の幅を出して少し広めがバランスが良いです。)

f:id:ichimamaday:20180131134703j:plain

二回目を巻くとき、背中で一番下にある帯の手を内側からググッと引きながら巻きつけているたれ側の帯を締めます。

f:id:ichimamaday:20180131135257j:plain

f:id:ichimamaday:20180131135815j:plain

しっかりと締めたら、一旦クリップ止めします。前側に停めていた帯の手側のクリップは外し、後ろから前に内側に折りながら回して前にもう一度クリップで止めます。

f:id:ichimamaday:20180131135748j:plain

 

2、後ろに止めている帯のたれでお太鼓を作っていきます

f:id:ichimamaday:20180131141809j:plain

f:id:ichimamaday:20180131141930j:plain

クリップを止めたまま、帯を開いて平らにします。垂れの長さをくるぶしくらいになるように決めます。平らにした上から仮紐で押さえて前で仮結びをして帯が落ちないようにします。

 

3、帯枕を入れます

f:id:ichimamaday:20180131142319j:plain

帯枕を上の写真の向きに持ちます。

f:id:ichimamaday:20180131142404j:plain

その向きのままお尻の辺りに帯の下に入れます。

f:id:ichimamaday:20180131142520j:plain

帯と重ねて一緒に持ち、クルッと一度返しながら上に持ち上げて、背中にピタッとフィットさせます。フィットさせたら帯枕の紐を前に回し、一度グッと前に引いて背中にしっかりとフィットさせてから結びます。結び目はもう一度前に引いて背中にしっかりとフィットさせて、帯の前側に押し込んで入れてしまいます。

f:id:ichimamaday:20180131142617j:plain

f:id:ichimamaday:20180131142659j:plain

ポイントは背中に帯枕をしっかりとピタッとフィットさせることです。

 

4、帯枕に帯揚げを巻きます

f:id:ichimamaday:20180131143605j:plain

帯枕を上下挟み込みながら帯揚げで包んで、前で仮結びしておきます。

f:id:ichimamaday:20180131150309j:plain

 

5、お太鼓の大きさを決めて、形を作ります

体型に合わせてお太鼓の大きさを決めます。身長が高い方は少し大きめがバランスが良いです。

f:id:ichimamaday:20180131151435j:plain

大きさを決めたら、決め線に仮紐をはさみ、ずらさない様にしながら残りのたれを内側に上げていきます。

垂れの長さは指一本分くらい(10センチくらい)をバランスを見て決めます。

f:id:ichimamaday:20180131151524j:plain

垂れの長さを決めたら、決め線に通しておいた仮紐を前で仮結びします。

 

6、前にクリップで留めておいた帯の手側を後ろに回してお太鼓にしまいます

f:id:ichimamaday:20180131153611j:plain

前からもってきた帯の手側を、お太鼓の中の外側に通します。自装で後ろ手でやる時は、お太鼓が膨らまないように気を付け、帯を通す手を体にできるだけ添わせるようにして、反対側からも迎え手を入れて通します。

f:id:ichimamaday:20180131153721j:plain

手先は2~3センチくらい出るようにします。

 

7、帯締めを締めます

帯締めを通します。お太鼓の中を通すときはお太鼓が膨らまないように気を付けます。帯締めでお太鼓の中に入れている帯が崩れてこないように、中に揚げている帯が短い場合は、短い部分をしっかりと挟む位置に通します(下の写真)。一番短いところがしっかり挟まっていないと、垂れが下がって帯が崩れてきます。

f:id:ichimamaday:20180131160504j:plain

しっかり挟んだら、帯締めを前で一度しっかりと締めてから結びます。

f:id:ichimamaday:20180131160549j:plain

f:id:ichimamaday:20180131160717j:plain

帯締めは帯の前面の真ん中に締めます。(写真は少し下目になってしまっていますが。。)結び目は、顔の中心、襟の合わせの中心の縦ラインに合わせて、中心を揃えます。

帯締めの先は、端をはさめて跳ね上げます。

 

8、仮結びしていた帯揚げを綺麗に結びます

 

f:id:ichimamaday:20180202194944j:plain

仮結びしている帯締めをほどき、綺麗な三つ折りにします。シワにならないように気を付けながらさらに半分に折ります。整えたら、ひと結びします。

f:id:ichimamaday:20180202195036j:plain

結び目を縦にして、しわが寄らないようにしながら、結びきります。

f:id:ichimamaday:20180202195122j:plain

結んだ帯揚げの端を帯の中に押し込むようにしまいます。帯揚げが綺麗に見えるように整えます。

f:id:ichimamaday:20180202195205j:plain

帯揚げの結び目も中心が合うように気を付けます。これで完成です。

(はり帯締めが下目で気になります。。)

f:id:ichimamaday:20180202195247j:plain

後ろはこのような感じです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

袴の着付け

袴の着付けを練習してます

ヘアメイクのお仕事をしていますが、現場でよく一緒になるのが着付け師さんです。そのうち勉強したいと思いながら今日までやってきて、最近やっと習い始めました。

着物も奥深いので、突き詰めればとことんできると思うのですが、私の場合は普通にスタンダードな着付けが出来るところまでを目標にしました。これから花嫁や師範まで突き詰める気持ちは更々なく。。基本ヘアメイクが本業で着付けも手伝えます。と言えるように。

で、まずは自装から始めて、最近、他装を教えてもらい始め、袴から始まりました。

一度アイモデルで教えてもらい、家でも練習できるように、先生がトルソーを貸してくださいました。

f:id:ichimamaday:20180113231433j:plain

我が家にやってきたトルソー。夜に見たらビクッとしそうです。

復習がてらブログに書いて行こうと思います。

 

1、補正、下着、の準備

f:id:ichimamaday:20180113231812j:plain

※このトルソーの設定を一番低くしてあるのですが(たぶん小学校卒業くらいの身長)、私が持っているもの全てが、身長167センチの私サイズなので、調整しても上げ切れていません。

小学生の場合は袴の中の着物が立ち座りで袴の下から見えないように、更に少し短くするため、肌襦袢をひざ下くらいにして着ます。

補正も私はまだ胴の補正しか教えてもらっていませんが、小学生は胸?肩?の補正は要らないようです。

2、長襦袢を着ます

f:id:ichimamaday:20180113232818j:plain

※無知な私が用意した白い襦袢は、婚礼などの礼装用だそうです。練習なので使っていますがご了承ください。

長襦袢も着物から裾がはみ出ないように、おはしょりを出して長さを調節して仮紐で結び、背中、襟元、おはしょり、など綺麗に整えて伊達締めで押さえます。

袴の場合、特に小学生や小さい子の場合は襟をあまり抜きません。

 

3、着物を着ます

f:id:ichimamaday:20180113233602j:plain

背中心を合わせて、クリップでとめて、衽の端を体に合わせてから着ていきます。

袴から見えないように短くあげて着つけますが、足元がブーツの場合は更に少し短く着た方がバランスが良いそうです。

f:id:ichimamaday:20180113235229j:plain

おはしょりを出して襟を合わせて仮紐でとめます。背中は綺麗にして両サイドにタックを取ります。襟元、おはしょりも綺麗にしたら、伊達締めで押さえます。衣紋は抜かず着つけます。半襟は小さい子は出す幅が狭いほうがバランスが良いそうです。

4、帯を巻きます

f:id:ichimamaday:20180113235812j:plain

(写真は少し大きいかもしれません。)20センチ幅くらいで文庫結びにします。

 

5、袴を着せる

f:id:ichimamaday:20180114000148j:plain

帯から2センチくらい下げて、袴の前側の中心を合わせ、前から後ろにピタッとずれないように紐を回します。

f:id:ichimamaday:20180114000349j:plain

リボン結びの帯の上でしっかりと引きながらクロスさせて、また前へ回します。

前へ持ってきたら、体の右側に寄せて左上にして重ねます。下になっている紐を折り上げて左から、上になっている紐を右から回して、また後ろへしっかりと引きながら回します。リボン結びの下でしっかり引いてから、ほどけないように二回くぐらせて蝶結びにします。

f:id:ichimamaday:20180114001112j:plain

袴の後ろ側を、リボンの上に背中の中心を合わせて背側についているヘラを帯に挟みます。背中にピタッと沿わせて前へ紐を回します。前でも緩まないように引きながら、右前で蝶結びをします。リボンの垂れている片方長いほうを後ろからもう一度くぐらせて、結び目を隠します。

f:id:ichimamaday:20180114001628j:plain

後ろはこんな感じです。(しつけがついたままです。)

初めにも書きましたが、大人用の着物と袴なので、床ぎりぎりの長さになってしまいました。帯を締める前に、袴の長さを確認してから帯を締めた方がよさそうです。

 

まだ1回目なので、練習たくさんして、また書きたいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

レゴでファミレスのコーヒーメーカーとジュースの機械

小学一年生の発想で作ったコーヒーメーカーとファミレスのジュースの機械

f:id:ichimamaday:20180113220604j:plain

手のひらサイズですが、驚かされました。そんなにファミレスも行かないけれど、細かいところまで覚えてて、ちゃんと考えて作れるんですね。一年生でも。何も見ずに想像だけで作って見せてきたのです。

でもなんで急に思いついたのかは不明。

コーヒーメーカーはコップが二つ置けるように、ジュースはボタンが4つだから、4個置けるようにしてある。と。

コーヒーメーカーのボタン部分は、レゴクリエイターの何かの車系の運転席の操縦ボタン部分のパーツだったような。。

何か色合いも綺麗に揃えてて小さいけれど上手にできたな~と。

 

f:id:ichimamaday:20180113222333j:plain

後ろもこんな感じで手を抜かず。

f:id:ichimamaday:20180113222525j:plain

建物や車系はよく作るのですが、最近機械系も作るようになってきて、レゴがまた楽しいみたいです。大人になっても男の人は好きな人多いですもんね。

 

この機械を、広い板にファミレスの席やトイレとかレジとかを作って一緒に配置して、お店屋さんごっこを下の子とやったりしていました。

後は、お片付けもちゃんとしてくれたらうれしいのですが・・ね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク