いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

歯列矯正が早く終わって欲しいです

お口の中が負の連鎖になってきています

今年の一月から始めた部分的な歯列矯正も終盤を迎えてきています。正直、このワイヤー早く外したい。。とっても邪魔でしゃべりにくいし、食べ物も挟まるし。

虫歯になりにくいように、磨きやすいように、始めた部分矯正でしたが、むしろこの矯正期間中に虫歯が酷くなっているような気も。

一週間に1回の頻度で歯医者に通っているにもかかわらず、奥歯の調子が悪くなっています。

今月親知らずを抜いたこともありそうな気もするのですが。抜歯後の回復状況がよろしくない感じで。2週間経ちますが痛み止めを毎日飲んでいます。先生頼みますよ~。

 

 

明日も歯医者の予約ですが、もう本当に早く終わって欲しい。。

歯列矯正に関して言えば、ゆっくり進めてくださっているようですが、もうあと一か所がもう少し歯が回転すれば終わりそうなので、いっそのこと少し強めに力を加えてほしいといつも思います。この状況になってから一か月くらいあまり変わっていないような気がして。明日は少し変化を期待します。

歯医者に通う治療費ってバカにできないですし。結構かかります。

これが歯医者の商売なのか。。歯医者さんもお医者様なのだからもしそうなら商売っ気は出さないでほしいです。患者様を最善の方法で助けてほしいと思います。

前の歯医者さんは設備は良く、痛みも少ない治療だったように思います。治療は安心してお任せしていましたが、歯科助手さんの歯磨き指導が毎回のように入り、詳細を見ると1000円くらいとられていたので、「毎回してもらっているので今日はいいです」と途中で伝えたことがあります。

毎回新人の歯科助手さんの練習台になっているのも感じたし。月に一度なら練習台でもどうぞどうぞなのですが、さすがに毎回同じこと歯磨き指導は、押している診療時間の間を持たせるにしてもチョットチョットと思い。私の疑い深い回想なら申し訳ないのですが。。

 

 

八月までにはすっきりしたい!

あと少しだと思うので、矯正部分は特に歯磨きをしっかりして乗り切ろうと思います。

奥歯も最後は治療してもらって、スッキリして終わりたいと思います。お金がかかるなぁ~。歯は昔から弱い体質で、どこか痛み出して一度通いだすと、他の虫歯も治したりして一年はかかるので、この矯正が終わったら、もうしばらくは定期健診以外は歯医者はお休みしたいなぁと思います。

 

 

 

幸せいっぱいの6月大安のホテルウェディング。緊張のヘアメイクデビュー。~後編~

挙式一週間前のヘアメイクリハーサルで、まさかの事態に

担当させていただく新婦様は、ヘアメイクリハーサルをご希望の方でしたので、挙式の1週間前くらいにホテルで行うことになっていました。事前に衣装室の担当様から頂いた希望要望を要チェックして、久しぶりにウィッグで練習なんかして、リハの一週間まえから緊張。色々考えていると楽しいのですが、スムーズに打合せできるか不安もありました。メイクはあまり要望が無かったので、あまりこだわりが無い方だと聞いていました。

 

リハ当日、初めて入るホテル、勝手がわからない衣装室、私が入ったことがあるリハは、ドレスも着てヘアメイクも決めて当日の装いになってみるものでしたので、ガウンに着替えてメイクリハに入っていたら、実はそこの衣装室ではドレスは着ないで、ヘアメイクのみやってみるリハだったようで、衣装室の方に「あらあら」と早速言われてしまいました。

(実は自分の結婚式も同じところのドレスだったので、思い出してみたのですが、リハで着たような記憶が。ホテルで違うのかもしれないですね。)

 

そして着々と進んでいったリハで、最後に気になることを聞いたら、どうやらアイラインとアイブロウが気に入らなかったようで、表情は少し沈んでいるように見えました。

であれば、直しましょう!そのためにメイクリハがあるもの。

お客様のご要望とすり合わせていくのは、私は嫌ではない作業です。相手が気に入っていないものは良くないですよね。まして婚礼でそんな気分で臨んでほしくないですし。

 

ベテランのヘアメイクさんでもクレームが出る時があるのは、こういう気持ちのズレがあるからで、良かれと思っていたものが本人はあまり気に入っていないけれど、言えなくて。のようなことがあると聞きます。

 

さて、元々が可愛らしいお顔立ちで、可愛く仕上がっていたと思うけれど、、「どう直したいのですか?」聞くと、「いつもの自分が描いているやり方がいい」とのことで、まずは写真でじっくり見せてもらい、同じように描いてみました。

結構特徴がある、独特の描き方。本人が自分の顔を熟知して描いていると見えて、説明もしてくれました。ん・・まだ納得していない様子。

何度か手を加えてみてもまだのようなので、片方自分で描いてもらいました。で、反対側は私が。まだ表情が晴れず。。

(でも、私的にはほぼ同じラインで描いていると思うけれど。。眉も。メイクのこだわり無しって言ってたよね~?!がっつりアリアリですよ~。)

言っていることもわかるし、いい感じで描けてると思うのだけれど。私も一生懸命でしたが、結局あまり納得できないままリハを終えたようで、新婦様が不安になっていないかとても心配でした。

 

翌日、予感的中で再リハーサルに

翌日、衣装室の担当様から電話があり、嫌な予感。。

そうだよね。新婦様から不安ですと電話があったようで、再リハに。再リハは時間の都合で挙式前日にすることに。私のせいで挙式前日に動いてもらうなんて、どうしよう。責任が一気に肩に。次はどうしたらいいんだろうか。。ひたすら考え、先生にも謝って相談して「こだわりがありずぎる人は、自分で描いてもらっていいから」と。

一週間気が重くて仕方がありませんでした。

で、迎えた再リハは時間も短く気になる部分を重点的に、メイクのみ相談させてもらい、自分で描いてもらうことに。ヘアは気に入ってくださっていたので良かったです。

ふ~。。ひとまず帰ったら本番の段取りを入念にチェックしなければ。もう迷惑はかけられないというプレッシャーで食欲も出ませんでした。

いよいよ迎えた本番当日。朝から緊張の地獄でした。

ハレの日を担当するのに、前夜から地獄のような緊張でした。こんな緊張Maxは記憶にないかもしれなかったです。失敗したらハレの日を失敗させるかもしれない、絶対に失敗できないという。

朝に小林麻央さんの訃報のニュースを見ても、うるっとしかしないくらい、いつもの自分ではない緊張感。(本番終えて今日のニュースでもう一度みて大号泣でした。)

 

30分前に支度部屋に入り、準備と確認を初めてなのでゆっくりしていると、あれよあれよと時間が過ぎ、新郎新婦様が到着。さっそく支度に。1時間20分で新郎新婦のお仕度を完成させなければ。1時間経ったころ、残すところ、新婦様のドレスと新郎様のお着替え半分。あと20分でいけるのか~。焦りだす私。

その時、たまたまお部屋に来たベテランスタッフの方が気づき、新郎様に入ってくださって、ドレスの支度も手伝ってくださって、時間内に終えました。

偶然を装って、見に来てくれたのかもしれません。よかった~。一番心配していた初めのお仕度でしたが、手助けもあり、遅れずに済みました。もう偶然でもなんでも、遅れないために必死でした。

 

先生から聞いた本番の流れのメモと、お直し道具を持って、写真を撮りに出たのでした。

後は流れにのって、進んでいきます。次の勝負どころはお色直しだけれど、あと何踏ん張りかで、私にとっても今日のこの大切な一日が着々と終わりに向けて動き出していると思うと、最後まで頑張るぞという気持ちになってきました。

 

お色直しでは、衣装室の担当スタッフさんも入ってくださったので、ヘアメイクチェンジとお着替えも滞りなく終わりました。おそらく、私が衣装室に初めてのスタッフで、ホテル婚礼の力量を見抜かれたからだと思いますが、私がどう思われようが、この担当した婚礼がとにかく無事に終わって欲しい。。手伝ってくださったスタッフさんにも感謝でした。

 

お色直しが終わると、私の緊張もやっと消えてきて、少しほっとしました。

 

後は、お見送りの時のお直しに入って、終わったら二次会の準備やヘアセットなどやったら私の一日も終了。頑張った~。

新郎新婦様も笑顔で出ていかれたので、一安心しました。

そんなこんなで終えた私のデビュー戦。

緊張もあり、とても疲れました。もうしばらくこの緊張感は味わいたくないほど、逃げ出しそうなほどの緊張で。

でも式が始まると、一生懸命で私の緊張も緩み始め、随所でジーンとする場面が。ハッピーな空気感も味わい、やはり婚礼の現場は好きだなと思いました。

リハーサルから、本番の細かいミスもたくさんあり、助けがあり、時間には間に合いましたが、あまり満足のいく初戦ではなかったので、ぜひ次回機会がもらえたらチャレンジしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

幸せいっぱいの6月大安のホテルウェディング。緊張のヘアメイクデビュー。~前編~

1か月前に決まった、ホテルウェディングのヘアメイク。

ヘアメイクを習い始めたのは11年くらい前。自分が結婚が決まっていて、会社も寿退社。結婚後の人生は好きなことを仕事にしてみたいな。と通い始めたヘアメイクスクール。意外と結婚が決まってから3年くらい入籍もせずに時間が流れてしまい、サロンで働きながら経験を積んでいる時にやっと結婚に至り、長男の出産ギリギリまで仕事をしていました。サロンでの仕事も楽しくやっていたのですが、自分の方向性はブライダルの現場で働きたいなと思いながら、長男を出産後はあまり仕事をせずに子育てに専念。

年に数回繁忙時期にお手伝いする程度で、どっぷり子育てしてきました。

 

次男を妊娠する前くらいに、今お世話になっている先生の美容室でお手伝いするようになり、妊娠期間も仕事を少し手伝いながら再び出産。

何ででしょう。仕事を頑張りたい時期と子供を欲しい時期は同じくやってきて。。でも仕事は技術職で細々とでも続けていれば再開できるけれど、子供を産みたい時期は逃せないような気がして。。結婚した年齢も早いわけではないし、子供が欲しいからと言ってすべての人がすぐできるわけでもないので、やはり欲しいときが頑張り時だと。

 

なかなか道のりは長いな。と思いながら、二人目は1歳を過ぎたころから旦那様に預けて短時間の仕事をして息抜きにするように。旦那様も私が仕事をすることには賛成してくれるのですが、子育てを手伝うことはあまり気が乗らないようなところも感じていました。でも子供が増えたら私も強気でお願いできるようになり、月に1~2回から再開。短時間の仕事だし、リフレッシュにもなっていました。

 

下の子が2歳を過ぎたころには、旦那様もだいぶ慣れてきたようで、少し時間が長くても(と言っても4時間とか)、月に3~4回預けて仕事に入ったりできました。

そんなこんなで、今下の子は3歳を過ぎ、旦那様も子供たちを可愛がってくれているのがわかるし、子供たちもパパのことが大好きで、下の子はすごい勢いでパパにチュウしたがります。ことあるごとに。私も安心して任せています。

 

一か月ほど前、いつもお仕事の依頼を下さる先生から、ホテルウェディングに入れないかと依頼がありました。ちょうど旦那様もお休みの予定の日でしたが、ホテルでの婚礼は拘束時間が長く、小さい子供がいたので今まで入れませんでした。何度もお話は頂いていたけれど、旦那様に6~7時間の子守りは断られていて。先生も私の状況を理解してくださっていて、「断ってもいいからね」と言って何度もお話を下さって。

私が婚礼に入りたいと昔から話していたこと、先生も私が婚礼に向いていると感じてくださっていたこと。続けていればいつかはできるからと。

今回はだいぶ子守りに慣れてきたしダメもとで聞いてみたら、なんと「いいんじゃない」とオッケーが!

 

 

ホテルの婚礼とカジュアルなガーデンやレストランウェディングの違い

これまで、お写真だけとか、最初のヘアメイク&お仕度が済んだらおしまい。とかガーデンウェディングにアシスタントについて行って。とか短時間での婚礼経験はあるのですが、大きなホテルでの婚礼経験は無く。しかも依頼元は超有名な衣装屋さんで厳しいと言われているお仕事だったので、話が決まった時点でドキドキしました。

 

ジューンブライドの大安の日で、もちろん人気の日取りです。ヘアメイクさんも足りなくなるので絶対にキャンセルはできない責任重大な仕事になります。

 

特にホテルの婚礼が拘束時間が長いのは、介添えさんは付くのですが、新郎新婦様の着替えや準備から写真撮影やら、お色直しやら、挙式・披露宴が終わって二次会の準備をしてお帰りになるまで、ヘアメイクさんが傍にいてお世話をしなくてはいけないからで、花嫁さんが安心して一日過ごせるように気配りや会話も技術になってきます。

 

ホテルの婚礼に不慣れな私でやりきれるか・・でも不安は見せられないし、新郎新婦様の準備1時間20分。(ヘアメイク&ドレスアップ)。お色直し15分でヘアメイクチェンジ&ドレス着替え。時間は厳守です。絶対に遅らせられません。

 

先生も大まかに一日の流れを打合せしてくれました。それでも何があるかわからない婚礼現場。突然巡ってきたこのチャンスを生かしてステップアップできるのか、希望半分不安半分の日々のこの一か月間。そのことしか考えられませんでした。

 

~後編~リハーサルの日へ 続

 

 

 

 

子供に言われて新発見。雨の日のシャボン玉は割れにくいのって、なんでだろう・・。

雨の日でもシャボン玉。やりたい時がやる時。お天気なんてお構いなしの子供。

先日、カーポートを家の前の駐車スペースにドーンと建てたので、車への乗り入れも楽ちん♪大人にとってはカーポートのメリットは色々あるけれど、子供目線でも利点があったようで。。「雨の日でも遊べる!」と気づいていたようです。

最近は週末に雨が多くて、今日も雨でしたが、長男と私で家にいたところ「シャボン玉がやりたい」と突然言い出しました。やだ~、今年は札幌は雨だとまだ寒い気温で、「えー、寒いからやめよう。」という私の制止に駄々をこねる長男。「じゃぁ窓からやっていい?」とかとにかく面倒くさいので、じゃあ、やっておいでと一人で家の前でやらせることに。

 

しばらくすると、「ママ寂しいから来て~」と呼ばれ。結局私も外に出るハメに。

カーポートの下なので濡れずにできるのですが、なんせ寒い。

だけど、久しぶりに長男と二人でシャボン玉。寒いけどなんだか悪くないな~って気分に。

長男の発見。シャボン玉ってなんで雨なのに割れないの?

ふとした一言。「シャボン玉ってなんで雨で割れないの?」

どれどれ、何度か試してもらうと、「ん・・そうかも」生まれて初めて気が付きました。結構な雨が降っているのに晴れの日よりも遠くまで飛んでいってる。

地面に落ちても割れずに残っていたり、草にくっついても割れずに輝いていたり。

子供の目線ってすごい!こんなことに気が付けるんだな~。

f:id:ichimamaday:20170625214542j:plain

でもこれって、本当にあるはなしなのかしら・・?

水分が多い分、地面や草などにくっついたら割れにくいのは分かる気がするのですが、降っている雨に当たっても割れないのはなんでだろ~・・。

 

しばらくは、また雨が降っても「シャボン玉やりたい~」って言われそうだなぁ~。

 

 

親知らずを抜いたこと

今週のはじめ、月曜日の朝一番に、歯医者で親知らずを抜きました。

 

これで3本目の親知らずの抜歯。

上2本は忘れるくらい昔に抜きました。3回目の今回は初の下の歯。

 

比較的痛みに強いほうで、上の2本も余裕で抜いていたので、抜くことに関しては今回も何の心配もせず歯医者へ。

 

一つ心配なのは今回は訳あってこれまでの歯医者とは違うこと。

かなり建物や設備的に古さを感じる歯科で、担当してくださっている院長先生もお歳を召されているのだけれど、いつも「すみません、ちょっとすみません」と謝りながら治療しています。(謝ってばかりいないでしっかりやって欲しい。。)と内心思いながら、

訳あって通っています。

 

いざ、抜歯。

先生が見ているのはかなり前に撮ったレントゲン写真だけ。パノラマタイプの。ちゃんと見えてるかな・・と心配になりつつ。信じるしかない状況。

というのも、何年も前に、抜歯した歯の根が曲がっていて、途中からオペになったことがあり、根が変な形をしていないか心配になってしまうのです。そこは設備が整っている歯科で、何があっても安心できたのですが、今回の歯科は何かあったら心配になる感じで。。

 

「時間がかかるようでしたら精密検査をしますので。」と言われ始まりましたが、予感的中で手こずっている模様。

途中で麻酔は何度も利かなくなるし、「あれ、なかなか出ないな。」とか何度も言って、先生も明らかに困っている様子。

内心(もう絶対、根の形が変だから、精密検査したほうが。。)と思いながら。

私も口を開けるのが疲れてきて、だんだんイライラしてきました。

 

先生の力加減も強くなってくるし、もうホントに一回休ませてくれと。思いました。

 

でも途中で思ったのは、(私も二人の子供を普通分娩で産んだし、その痛みに比べたら、親知らず抜く痛みに耐えられないことはないだろう。出産に比べたら歯を抜くなんて余裕なはず。)

しかし1時間以上たってもまだ抜けず、もう泣きたくなるほど痛めつけられ、「一回休ませて」と言おうと3回我慢したあたりでやっと抜けました。

先生が笑顔で見せてくれた大きな親知らずは、やはり変な形をしていて、根の部分に引くと外れなくなる向きに突起が出ていました。

「なんか外れないな~と思ったんですよ~」と軽く言っていましたがね。

良く見るとレントゲンにも薄く映っていました。

 

何とかうまい方法はなかったのかい?先生~(泣)

先生のこと恨みそうになったよ~。

 

出産の痛みはこれよりはるかに上だけど、愛しい子供に会えるし、喜びのために自分で頑張るから耐えられるんだろうけど、

歯を抜く痛みは先生に加えられるからなんだろうね。先生のこと恨みそうになりました。耐えがたいかも。抜いてもなんの喜びも生まれないし。

 

2時間近く口を開けっ放しで口角は裂けてるし、血も2日間止まりませんでした。

上の親知らずは全く腫れた記憶がないけれど、今回の下の親知らずは顔が真四角になるくらい腫れあがりました。

月曜日に抜いて、当日は腫れなかったのですが、翌朝から腫れ上がり、金曜日の今日やっと腫れが引いて、マスクを外して外へ出ることが出来ました。

まだ口角は裂けているし、顎関節が痛くて大きく口を開けられないので、食事おしゃべりがスムーズにできませんが。

腫れも治ってきたし、早く完治してほしいです。

 

調べると、下の親知らずを抜くと腫れる人が多いようです。内出血して腫れが引いた後黄色くなる人もいるらしい。

私も順調に回復してきているので、先生を恨んだけどおそらく失敗はしてないんだと思います。

残る親知らずは1本。

 

 

小学1年生はどの程度計算ができるようになるのか・・頭の中が見てみたいと思ったこと。

我が家の小学1年生の息子。幼稚園の後半ころから卒園までには、ひらがなと10以下の足し算くらいは・・と自宅のワークを始めました。

 

まぁこの程度できていたらいいかな。と思うくらいの段階で、一年生の授業が始まったわけなのですが、、つい一か月ほど前、運動会の練習も始まって、学習も少しづつ始まっている頃でしたが、ふとした時に質問してみました。

 

「2と1を合わせるといくつ?」

「・・・。」

困っている息子。。

ファイナルアンサーを待つような沈黙の後、再度同じ質問。。。

「3」

予想外の遅さ。そして今までできているだろうと思っていたことが、できていなかったことがわかり、少々焦りが。

ではこれなら、と思い「1に2を合わせるといくつ?」と逆パターンの質問。

「・・・」

まさか!?沈黙の怖さに、答えを待てず私から切り出し、再び「1+1」からの特訓となりました。

 

そんな息子も、少しずつ(今度はホントに)身についてきたかなと感じていた最近。

 

2+2、3+3、など倍の足し算は得意な様子。10までのサクランボの計算も、だいぶ覚えてきました。

公文の先生に聞いたら、

「1+2より、2+1、3+1、4+1などのほうが簡単」と言っていて、

2+1と1+2が違う難易度なのだそうです。

 

少しずつできたきた息子は調子にのって、100+100は200とか言っていたりするのですが、、

私も反復して慣れさせようと、隙あらば問題を出します。

 

そんな毎日の中、数日前のこと。

寝る前に布団に入って、息子が自分で「2+3=5、・・」とか覚えている計算を言い始めました。私もかなり眠かったのですが目をつぶって「そう、はい、正解」など言ってあげていました。何問目かでまた100+100=とか言い始め、

 

300+300=・・・2300!!

 

えーー!一気に目が覚めました。びっくり。本人も笑ってたけど、私も笑ってしまい。

そういう考え方なのね!

うちの子はやっぱり独特なのかもしれません。。覚えが悪いし教えるのが難しい。。頭の中が見てみたいです。

 

 

 

 

 

 

カーポート

昨年秋に新築した我が家。ひと冬越してみましたが、雪かきがとても大変でした。

元々雪が融けたらカーポートを建てる予定でしたが、昨年の冬のあまりの雪の多さに、融雪槽や除雪機、ロードヒーティングなど、雪対策をしたほうがよいのかな??

と迷いが出ました。

家の前は、ワゴン車2台が余裕で停められるくらいの広さです。この部分の雪かきもドカ雪が降ると結構大変でした。

色々考え、予算との兼ね合いもあり、我が家の最善策は、2台用カーポートを建てるということに決まりました。

 

調べると、我が家の駐車スペースをほぼ覆うようなサイズのちょうどよいカーポートがあったので、耐積雪の大きいカーポートを建てることで、駐車スペースの雪かきから逃れる作戦です。駐車スペースの雪かきが無くなるだけでも、かなり気持ちが違います。夜中に深々雪が降っている日など、朝の雪かきを思う憂鬱が少し減るかな。

前面道路の雪かきだけならまだ慣れたものかなぁと。

 

融雪槽の光熱費もすごいらしいので、使っていないという近隣のお宅の声も聞き、融雪槽は諦めました。でも、近所のお宅はほぼ皆さん除雪機や排雪重機、融雪槽、ロードヒーティングなど何かしらの雪対策を備えています。

そんな中、我が家はカーポート一本で何歳まで頑張れるか・・体力勝負です。

 

先日工事が入り、一日で建ちました。晴れた日で、気温も高かったので、ご近所さんも窓を開けていたと思いますが、カーポートの工事の音がものすごく大きくて、本当にご迷惑をおかけしたと思います。

折半ボードを乗せるときの金属音がものすごく響いていて、うるさかったです。

f:id:ichimamaday:20170607230508j:plain

駐車スペースをほぼ覆うような大きさです。1台用で両足のカーポートだと前面道路が狭いので、柱が邪魔で駐車が難しいので、2台用のほうが停めやすいし、ある程度雪も載せておけるし、まぁ良かったかなと。

1階の前側の窓は少し暗くなってしまったけど、致し方なし。リビングではないから妥協しました。

 

子供たちはカーポートを気に入っている様子で、「雨の日でも遊べるね、バーベキューもできるね」など好き放題話していました。

玄関からも雨に濡れずに車に乗ることができて、とても楽ちんです。

f:id:ichimamaday:20170607231126j:plain

そして、雨が降った日。興味津々の雨どい。

兄弟2人で雨どいに夢中です。雨が降ったら雨どいの確認にまず行きます。

子供にとっては雨どいに水が流れてくるのが楽しいようです。どこからどう通って流れ落ちるのか説明されたりします。

ピタゴラスイッチのような感覚なのかなぁと。

 

今年の冬、雪かき対策の効果が出るのか楽しみです。

 

 

スポンサーリンク