いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

恐竜ライブのお土産

先日主人が出張で渋谷ヒカリエの恐竜イベントへ行ってきたそうで、お土産を子供に買ってきてくれました。「恐竜ライブ ディノサファリ」ってイベントかな?

 

小学一年生の息子は、小さいときから恐竜には全く興味がありません。

好きな子は2~3歳でもフィギアを持ち歩いたり、恐竜プリントのアイテム好んでたりしますが。息子は全く興味ゼロで育ってきました。むしろ「怖い」と言ったり。

 

動物にすら興味ゼロで、何度も動物園に行ってはいますが、息子は小さい頃はすぐに飽きて帰りたいコール。屋内施設に入ると「くさい!くさい!」」と口に手を当て、出て!と急かされたエピソードも。なんでだろう・・子供って動物園好きなんじゃないの?と思いながら、負けずに何度も連れて行っていましたが。楽しまない息子と行っても疲れるだけだったりしました。

幼稚園時代も動物よりも動物園の迷路のような道を楽しんだりという感じでした。

 

そんな息子も一年生になり、少し変化があったようです。

f:id:ichimamaday:20170501000814j:plain

f:id:ichimamaday:20170501000859j:plain

お土産にもらったものはこれ。10センチくらいの小さい箱に、化石発掘のミニチュア版が入っています。

掘り出すヘラと少し毛が固めのブラシも入っています。

石のようなものの中から、箱に書いてある6種類の化石のうちどれかが出てくるみたい。石は、柔らかくて削りやすいものでできています。

 

すると、何に興味がそそられたのか、すごくやりたがる息子。

ゆっくりできる土曜日に早速やってみることに。

f:id:ichimamaday:20170501002537j:plain

どこから削ろうかと迷って、中央から始めました。出てこない~と言いながら、数分で「出てきた!」と声を上げた息子。さらに掘り進めます。

f:id:ichimamaday:20170501002824j:plain

削ってはブラシで払い、どんどん形が出てきます。箱の写真見ながら、「これなんじゃない?」と予想しながら、集中して掘っていました。

f:id:ichimamaday:20170501003038j:plain

けっこう出てきたところ。

削った石の粉が広範囲に飛び散っていました。

f:id:ichimamaday:20170501003321j:plain

後ろからも掘り始めて、あと少し。

f:id:ichimamaday:20170501003433j:plain

出てきました。何ザウルス?ティラノザウルスかな?箱を見て確認しておきます。

化石は柔らかいプラスチックのような、固めのゴムのようなものでできています。

 

私も少しだけやらせてもらいましたが、楽しいです!

ものすごい集中力で一人で1時間半くらい掘り続けた息子。気に入ったようで、自分でも写真を撮っていました。

f:id:ichimamaday:20170501003911j:plain

なんかちょっぴり格好良く撮れてる息子の写真。

この後は、弟とアンパンマンの指人形とこの恐竜で遊んでいました。

 

 

 

いちご栽培<2>

以前に紹介したいちご栽培キットをついに始めました。

札幌は寒い日が続いていましたが、最近は気温が15度以上まで上がるようになってきて、温かくなってきました。

f:id:ichimamaday:20170414215103j:plain

↑これです。

f:id:ichimamaday:20170430012109j:plain

中身はペットボトルに差し込むものと、種、肥料、砂、肥料用のスプーンです。

f:id:ichimamaday:20170430012349j:plain

やり方はとっても簡単で、ペットボトルに水道水を入れて、ピンクの筒を差し込みます。

中には給水するスポンジのようなものが入っていて、そこに種を10粒くらい撒きます。(種は30粒くらい入っています。繰り返して3回くらいできるのかしら?)

種の上に砂を軽く撒いて、ひとまず完成です。簡単!

f:id:ichimamaday:20170430012851j:plain

日の当たるところに置いておくだけ。

ペットボトルに何か巻いて、直射日光が水に当たらないようにすると、水の中に藻が発生するのを防げるそうです。

 

発芽して、本葉がでたら3~5本残して間引き。そして肥料をあげるだけ。

この手の簡単キットで成功したことは記憶にないのですが、まずは発芽を楽しみに待ちたいと思います。

花やハーブなどの簡単ミニ栽培セットで、発芽してもほとんどがヒョロヒョロ~っと伸びておしまいになるパターンしか経験がないです。(私のやり方が良くなかったのかもしれませんが。)

今回は果実です。成功したことがないのに急にレベルアップのしています。絵をみると5個以上実をつけていますが、ひとつでも実がなったら成功かなと。

 

甘いイチゴになるようにお日様にいっぱい当ててあげようと思います。

 

 

 

 

子供のサッカースクール

今日は長男、サッカースクールの日でした。

元々の始まりは私たち親の勧めで始めました。ピアノやワーク系も好きで家でやるので、ピアノを勧めているのですが、家ではすごく弾くし、けっこう上手に。しかも最近は両手で弾いています(楽譜は読めません。耳で聞いて弾きます。)。なのでピアノ教室に行かないかなぁと思うのですが、本人はあまり乗り気ではなく。

英語も嫌。スイミングは絶対ダメと言うし。

 

何か一つくらいと思って主人に相談すると、サッカーならやらせたいと。ん~。。

私もサッカーは大好きで、小学生の頃女子サッカー部でした。でも、

幼児からやらせなくても・・、聞くと本人はサッカー自体わかっているのか微妙でしたが、体験に行ってくれました。でも照れ屋なので、体験も会場に行くと「やっぱり見るだけ」と言って一度目は見学でした。

 

時期をずらしてもう一度誘うと今度はやっと体験してくれて、「楽しかった」といってくれました。幼児のスクールはとても楽しく、コーチも優しいし、半分くらいはボールを使わずサッカーに関わる身体能力を高めるような練習内容で、鬼ごっことかもやるのでホントに楽しいと思います。

 

それでも本人は「まぁやってもいいよ」くらいの返事で。

 

年長からやっていますが、体力のない息子なので、体が強くなるだけでもいいかなと思って始めました。

でも、今日の帰りは少し喝を入れてしまいました。

 

体も小さめで細い息子なのですが、体幹も弱くいつも姿勢が悪くてグニャグニャしています。

必ず練習の最後に試合をやるのですが、いつもボールから離れたところでピョンピョン跳ねたり座ったりして、ボールに行かないのです。初めは取りに行くのは体も当たるし怖いんだろうなと思っていましたが、もう一年経つしこのまま放っておいても変化ないなと思い、帰りの車で少し喝を。

体力もないし、頑張っているのはわかるから帰りにダメ出しは控えてきました。

本人のやる気を確認する意味でも今日は。

 

みんなサッカー大好きで上手になりたというような気持ちが伝わってきます。そういうプレーを見せてくれているけど、息子はいつも試合でボールから逃げていて、今日は特に離れていれば怖くないという気持ちが伝わってきたので。

それじゃぁ上手くならないよね?と。

小学生クラスに上がったし、コーチも少しづつ厳しくなると、そのうちやる気がないなら教えてくれなくなるだろうと思うし。やる気がある子に教えたいですよね。義務教育でもないし、やる気が無いならなんで来てるの?私もなんでやらせてるの?となってくるだろうし。

喝の最後に「やる気がないなら辞める?」と聞いてみました。

「うん」言われそうで怖かったのですが、

「やる」と言ってくれました。

 

よかった。嫌なことを習わせたくはないし、何でもいいから好きなことを見つけて頑張って欲しいと思います。サッカー以外でもいいので。

小学校に上がって少し疲れが出てきている息子。明日行ったらお休みなので、週末はゆっくりさせてあげようと思います。晴れたら一緒にサッカーもしたいな。

 

バランスボール猛練習

本部の方に落ちるとダメ出しされてから三日。その日から猛練習しています。

今までサボってしまった分をリカバリーできるように、やるしかありません。

日中は子供がいるので、1~2時間。夜は2~3時間は弾んでいます。

本当はブログを書く暇も惜しいのですがね。。

ボールに座ってお腹に力を入れて片足ずつ上げながら書いています。

 

自分の弾む姿を録画してはチェックしてを繰り返し、弱い部分をひたすら練習。

あと2週間で間に合うかなぁ。

インストラクターさんには、あと2回模擬試験のような感じで練習をお願いしました。そこで合格点がもらえるように、頑張ります。

 

私は10年前から腰に軽いヘルニアを患っていて、この猛練習を始めてやはり思うのですが、弾む振動がかなり響いて痛いんです。

湿布を貼りまくっていますが、痛み止めを射ちたいほどです。。

だけど試験目前でリタイヤしたくないし、まるでダメだしされて逃げているみたいで。ヘルニアって腹筋背筋とか筋力が付けば軽くなったりするって整形外科の先生が言ってたけど、きっと痛いところの筋肉がついて整えば楽になってくるかも!って思ったり。

 

10年前に急に腰痛で朝起きれなくなり、整形外科で言われたことは、腹筋と背筋のバランスが悪くなったから。とのことでした。若いころボディーボードをずっとやっていて、腹筋背筋は鍛えられていました。腰痛が出たのはボディーボードをやめて3年ぐらい経ったころでした。

それから子供二人を抱っこおんぶの毎日で、少しずつ悪化。軽度のヘルニアで波があるのですが、最近はおばあちゃんのように、よいしょこらしょの掛け声が無くてはならない毎日です。

 

なんとか合格したい。不合格になってもヘルニアが痛くて。。とは言いませんが、すごく痛いのでしばらく再試験は受ける気が出ないと思います。

なので今回必ず合格しないといけないんです。

 

これまでは、ふにゃふにゃ、グラグラの背骨、腰に、最近は一本筋が入ったように良い姿勢をとる時間が増えてきています。立ち姿、座った姿勢かなり意識して過ごしています。腹筋背筋弱く、姿勢が悪かった私には筋トレになりますからね。

 

目覚めさせてくれた本部の方の一言に本当に感謝です!引き続き頑張ります!

 

 

 

 

バランスボール、インストラクター認定試験に向けて・・

インストラクター認定試験まであと2週間となり、今日は久しぶりに養成講座の先生たちと一緒に、試験会場へ行って試験の練習をしてきました。

 

最後のレッスンが終了してから、卒園やら入学やら忙しさにかまけて練習をサボりがちになっていました。

 

さすがにまずいと思い3日くらい前から練習し始めましたが、いざ今日弾んでみると軸はブレてグラグラするは、リズムは合わないは、、泣きたいくらい下手で・・、先生方からもダメ出しの嵐。。

あ~もう試験なんて受けたくない。

と、投げ出しそうになりました。

なんで養成講座を受けたんだろう。。わからないけど、やるって言ったのは自分で。

投げ出したって誰にも迷惑はかからないけれど。

自分でやるって言ったから最後までやらなくちゃ。

 

たとえ試験に落ちても、私の体には、たくさんの良い変化をもたらしてくれたバランスボール。更年期が来たのかな?と思うほど乱れてコントロールできなくなっていた気持ちが落ち着いてきたし、他人からみても心配されるほど見た目もどんよりと元気がなかったようで、自分のことすら無関心で無気力になっていた私が、ブログを書いたり何かやろうと少し生命力が出てきたということ。

心の片隅で、なんとかこの状態から抜け出したいという気持ちが残っていたことが救いでした。子供のごはんまで作る気がなくなったら病院かなぁ。それは嫌だなぁ。こんな母でごめん、、子供たちよ。など色々考えては、どうすればいいのか・・何とか気力を取り戻したい!元気にハツラツとしていたい!と悩んでいました。

姿勢が良くなったり、膝の位置が均等でなかったのが、揃ってきたし。ジャンプとかでうっかり尿漏れがあったりしたけど治りました。程よい疲れで良く寝られるようにも。他にもたくさんあります。何より弾んでいると楽しい。絶対に脳にもいい刺激になっています。こういうたくさんの体の変化があっただけでも良かったことにして終われるかもしれない。。

 

みんなに広めたいけれど、私にそんな力量なんてないのかもしれない。

でも諦めたらそこで終わりだから、今は試験に向けて頑張ってみることにします。

 

練習不足だって、子供のせいにしているけれど、子供を預けずにレッスンも出て練習して、本当に大変でした。まともにレッスン受けられないし。日中もほとんど練習できないし。レッスンして、せっかく整ってきた骨格が子供を抱っこすることでまた元に戻りそうで、子供にイライラすることもありました。うちの子たち、なんでこんなに抱っこ魔なの??

でも甘えたい気持ちにはまだ応えてあげていい年齢だし。もぅ、と思いながら抱っこ。

でもそうなることが分かっていても、それでも受講を決めたのは自分なので。

あと2週間一生懸命練習します。

 

本部の方からも「そんな弾み方では落ちます。」とはっきり言われちゃったし、ホント厳しい視線で見られると思うけれど。

どこまでできるか頑張ります。

 

 

 

南極カチコチ大冒険を見に。

久方ぶりの映画館でした。おそらく10年位ぶりかもしれません。

最後に見た映画が思い出せなかったくらい。(主人に聞いたら「武士の一分」じゃないかと。たぶんそうだと思います。)

 

長男はあまりアニメなどにも興味を持たず、これまでやってきたのですが、年少さんくらいには女の子たちは「アナ雪」など見に行き始めていました。そのころ息子はまだ何を見ても飽きてしまうような感じでした。娘と映画~とか、娘さんを持つお母さんたちを羨ましいなと思っていました。

 

なので、やっとドラえもんに興味を持ちだした息子と初映画。しかも久しぶりだったので、なんだかとても楽しみで。下の子もテレビで予習して、パオパオを気に入っていたので、楽しみにしているようでした。

 

f:id:ichimamaday:20170423235608j:plain

かわいいパオパオストラップももらえて、長男より次男のほうがハマっていました。長男は物にもあまり興味を持たないタイプのようで。このストラップよりも、ポップコーンを大事そうに抱えていました。

もう少しで上映も終わりそうな時期なので、一日一回の上映でも空席だらけ。

寝ちゃうかなと思ったけど、二人とも最後までしっかり見れました。

 

映画になると、のび太君はいい感じになりますね。テレビのダメダメなのび太君ではなくて、優しい心を強さに変えて戦ったり、勇気を出したり、感動をくれる存在になります。

 

久しぶりの映画が子供向けのアニメだったけれど、映画っていいなと思いました。

子育てが落ち着いて一人の時間が出来てきたら、また好きな映画を観に行きたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

枝豆のふくろ

また一年生の長男の話題になってしまうのですが、

学校でも家でも、ひらがな、カタカナを一生懸命頑練習しています。

だいぶ書けるし読めるようになってきました。が、

「ね」と「れ」、「ろ」と「る」、や小さい「っ」の位置など考えないとわからなくなったり、間違えたりします。長いことやっていますが、少し覚えが。。でも本人は一生懸命なので、気長に教えています。可愛い間違えですしね。

 

言葉の始まりが遅かった息子は、3歳近くまで5語くらいしか話しませんでした。保健センターにも通い、3歳になっても出なければ、言葉の教室に行ってみようかと話してました。ママも「あーたん」としか言えず、二人でいる時間も長かったので、様々なことを話しかけたりすることは、人よりも多かったと思っていましたが、話してくれなくて、心配になったこともありました。

でも3歳を目前にして急に話し出したことを覚えています。「ママ」が言えるようになった時は、やっと呼んでくれた!と喜びもひとしおでした。

 

今も少し感じるのは、言葉がうまくすらすらと出てこないことや、どもってしまうことがあります。幼稚園からも何も言われなかったですし、おそらく気になっているのは私だけなのかなとは思うのですが、その他にも言葉を間違って聞き取っていることが多々あります。

例えば、

「マリオ」→「マリヨウ」や、「べんざ」→「べんざー」、「ふとっちょ」→「ぶとっちょ」などパッと思いつかないのですが他にもたくさんあります。聞き間違えや聞こえているのに喋れないだけなのか、ふざけているのか。。

可愛いのですが、聴力も心配ですし、やはり言葉に変換することがちょっぴり苦手なのかなとも考えたりします。

日常生活では全く差支えはなく、誰からの指摘も受けたことはないので、私の思い過ごしであればとも思うのですがね。。

 

そんな息子は今日も微笑ましいミステイクを、

f:id:ichimamaday:20170421231003j:plain

夕食に出した枝豆の殻を入れるお皿を出していなかったら、息子が率先して袋を用意してくれたのですが、「ごみぶくる ままめ」と書いてあります。

「ろ」を書き間違えているし、「えだまめ」が「ままめ」って。

笑ってしまうし、疑問もあるし。。

 

大丈夫かしら?やはり少し心配です。

 

 

 

スポンサーリンク