読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

スポンサーリンク

歯列矯正

今年に入って1月から歯列矯正をしています。

結婚して子供も二人いて、歯並びも悪いには悪いのですが、この年齢まで無事に生きてきたし、今までさほど気にしてはいなかったのですが、なぜ今この歳で歯列矯正を始めたのか書きたいと思います。

 

子供を出産後、まず上の子を産んですぐから歯痛が始まり、実家にいて母乳育児をしながら応急処置的な治療をして、2か月後札幌に帰ってきました。子供が4か月くらいになったころ、また痛み出し、子供の託児付きの歯医者を探して通いました。赤ちゃんは首が座っていれば託児OKとのことで、幸いうちの子は首の座りが早く、歯痛は我慢が出来ないので4か月から通いました。

昔から、歯は弱いほうで、根幹治療をやっている歯も多く、その時は昔の根幹治療した部分が化膿していたとかだったと思います。

母乳育児もまだまだ続けていて、ミルクを全く受け付けない子で、あれやこれや哺乳瓶、乳首、ミルクかなりの種類を試しましたが、こちらのほうが根負けするくらいの泣き方をされ、悩みました。治療では麻酔を使うので、歯医者さんからは一応母乳に対する説明を受けていたので、よくないのはわかっていましたが、治療を麻酔なしでやることは無理だったので、麻酔治療後はできるだけ時間を空けてから母乳をあげていました。

治療個所は、痛みがある歯を終えてから、子供が1歳を終えるのを待ち、他の小さい虫歯も治療しました。合計1年は通っていたと思います。そのあとも度々歯の状態が悪くなったり痛くなったりして通ってはいました。妊娠期間中に歯科検診の補助券が出ますが、その大事さを身をもって知りました。赤ちゃんに栄養が取られたり、つわりや疲れなど生活も乱れたり、出産後は母乳育児でまた栄養を取られ、夜も寝られず。歯に栄養が行きにくく、メンテナンスもおろそかになってしまうのではないかと思います。

 

下の子を妊娠した時はものすごく歯磨きに気を遣いました。小さい子を連れて泣かせながら託児に預けて、心身ともに疲れます。歯医者に通う時間と労力、金銭的にも負担に感じていたので。

それでも、二人目出産後1歳になる前にはまた歯医者に通うことに。。再び1年くらい通いました。

 

歯の治療って、時間もかかるし、お金もかかりますよね。。

奥歯は銀の歯をかぶせますが笑った時に見える位置の歯をかぶせないといけないときは白い歯をかぶせますよね。白い歯って、保険が利かないので十割負担で1本3~4万円します。何本かやっていますが、そのたびに一応旦那様に報告しています。「審美的に悪くなるのは嫌だろう」と優しいので言ってくれますが、内心申し訳なく感じていました。

前歯も実は知覚過敏で、小さい虫歯を見つけては治療しています。歯並びも悪いのですが、審美的にもうあまり気にはしていませんでしたが、虫歯になりやすい並び方なのは明らかにわかっていました。歯磨きは指導も何度も受けていて、自分で人に教えられるくらい何度も聞いているので、しっかり磨けていると思います。フロスも夜は必ず通しますし、日中も気になれば通しています。ゆくゆくは前歯が白い被せものの歯になって・・計算すると上だけでも6本×4万円で24万円。これは歯並びを整えて磨きやすく、歯ブラシが当たりやすく歯列矯正をしたほうがよいのでは?と考え始めました。

 

子供のころから一部反対咬合と言われていて、親にも矯正する?と聞かれていました。でも、幼心に「矯正って高い」とわかっていたのを覚えています。「別にいいよ~」と断った記憶があります。それから、高校生くらいになって、やっぱり矯正したいな~なんて言ってみたこともありましたが、「大人になったら顎が育って気にならなくなるよ~」なんて今度は逆に断られ。でも何度も言いますがそんなに酷いわけではないので、まぁいいかと。

 

矯正歯科のHPを見ると上下で80万円~100万円くらい安くても60万円とかで、これは出せないな・・と調べていると、部分矯正というものを知りました。

前歯の犬歯~犬歯の間にブラケットをつけるというものです。

何件か相談していましたが、全体で矯正をして嚙み合わせなどもしっかり整えてと説明され、高額の全部矯正の価格で諦めてきましたが、部分矯正を知り、やっている歯科へ相談しにいったところ「出来ます」と。しかも料金も上顎の前歯だけで12万円とのことで、かみ合わせも見てくれ、私の歯列もできるとの判断でした。

12万円で歯並びを良くして、虫歯になりにくくして、少しでも長く自分の歯を保ちたいですし、唯一審美的に気になるとすれば、前歯を出して笑った写真を見ると、後ろに下がっている歯が黒く影になって、歯が抜けているようにみえるところでした。それも解決されるという。これは!と。かなり即決でお願いすることにしたのでした。

 

今は初めて3か月が経ちました。少しづつ力を加えて改善されてきています。今日はまだ弱い超合金にゴムでくっつけていたものを、ゴムではなくワイヤーでしっかりと結び付けてきました。これで更に強い力が加わって、さらに動くそうです。ブラケットが邪魔なので歯磨きがしにくいので、矯正中に虫歯を作ってはならないと、歯磨きにも更に力を入れています。

 

私の考え方が合っているかわかりませんが、部分矯正で、12万円で、審美的に良くなり、歯が磨きやすくなる=虫歯になりにくくなる。4~8か月で終わるそうなので、もちろん全部矯正よりも早く終わります。始めたときは不安も少しありましたが、自分の中の問題が一歩解決に踏み出したことで、少し気が楽になりました。終わるのが楽しみです。

スポンサーリンク