読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか咲く日が来るでしょう。

2児のアラフォー母です。子育て、仕事など様々なことを書いてます。

スポンサーリンク

バランスボールインストラクター試験を終えました!

前回のスタジオでの練習で「落ちる」と様々ダメ出しを受けてから、今日まで必死で練習をしてきたバランスボールの試験でしたが、今日ついに本番を終えました。

 

未就園児がいる中、昼連夜連、一日に何時間も頑張りました。動画のチェックもほぼ毎日インストラクターさんに見てもらって、修正しながら、この3週間は頭の中がバランスボールでいっぱい。

昨日は、朝から吐き気がするほどの緊張に見舞われ。頭痛が。額には吹き出物がたくさん。食事もあまりのどを通らず。もう気持ちが耐えられなくて、軽く練習して夜は早く寝ました。

もうなるようにしかならない。やれるだけやったと自分に言い聞かせ。。

 

こんなに緊張したのはいつぶりだろう。

 

そして、今朝もいつものように朝食の準備、身支度を終え、会場へ行くまでの時間がまた緊張。子供や旦那様の話も上の空で、子供にも

「ママ今日はテストで緊張してるから、終わってからお願いね。」

とすべてを閉ざして、口数少ないまま出発。

 

前半は講義を受けて、午後から実技テストでした。

私は子供のころから、緊張が本番前に切れてしまうタイプで、本番に力が抜けてしまい、力を十分に発揮できないタイプでした。

今日も本番前にそんな感じになってきて、まずいな~。。と

テキストやプリントを読んだり、実技をイメージして、飛ばないように最後まで一生懸命でした。

 

で、本番では。

なんと、自分の実感としては悪くないかなと。インストラクターさんにも、今までで一番良かった!と言ってもらえました。

伝え忘れた部分もありますが、この3週間、奮起して練習してきた成果は出せたのかなと思います。

 

自分でやれるだけやれた感覚なので、これで落ちたら仕方ないです。

この感覚の久しぶりの感覚です。

なんか晴れ晴れとした気持ち。緊張からも解かれてスッキリしました。

 

子供の頃のように力が抜け過ぎなかったのは、社会人時代に接客や人前に出ることが多い仕事で、私なりに様々な経験や研修で様々なことを教えてもらい、社会で人前に出る場数を踏んできたことが大きいのかなと感じました。

力が抜けすぎることがなく、力が出せる程よい緊張の状態で挑むことができました。

 

38歳にして、今までの経験は無駄ではなかったなと感じました。

 

あとは良い結果を信じて待つのみです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク